サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


.

リンク

戯言

つまんないなあ。
勝手な話やけど。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

カテゴリ:牛肉・豚肉料理のエントリー一覧

  • とんかつ がんこ 難波店 (とんかつ:難波) とんかつの離婚

    どうも、シャルル=ピエール・ボードレールです。幸い僕は背を向けた、地獄から来た行列に。 難波でランチ、がんこでとんかつ。美味は期待できずとも、チェーン店ならではの、ある程度の、まあ安心できる味は得られるだろうと入店。 三元豚やら何やらメニューにあるが、期待を大きくしてはいけないので、お値打ちランチのロースカツ(大)を選択。新人のオペレーションに間違いがあったか何かで、ホール担当のおば様方がテンパって...

  • とんかつ 小ばやし (とんかつ:梅田茶屋町) 落ち着いた雰囲気のとんかつ屋、だが・・・

    どうも、古代ギリシア三大悲劇詩人の1人、ソポクレスです。欺瞞し、裏切る、これ人間生来の心根なり。 鮨や蕎麦よりも、東高西低の絶望的格差を確信しつつあるとんかつ。ある時、とあるとんかつ屋の料理写真を見た。レアな火入りに見えるロースとんかつ。その店は「とんかつ 小ばやし」。雨降る日、梅田茶屋町の路地裏まで急いだ。 なかなかに厳しい扉に、看板。店のホームページによると、創業は昭和5年で、大阪初のとんかつ専門...

  • とんかつ 大喜 @その2 (とんかつ:長堀橋) 超厚切り

    どうも、ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世です。卑下はしばしば人を従えるために用いられる、見かけ倒しの服従にすぎない。それは、自分を高めようとして、自分を低くする高慢なからくりである。 長堀橋の大喜に再訪。昼に行こうと思っていたが、二日酔い気味だったので、万全を期して夜に。 前回と同じつもりで、特選ロースの超厚切りを注文。最近、自分史上かつてないハイペースでとんかつ屋を回っており、厚切り、...