FC2ブログ

無添くら寿司 横小路店(回転寿司:東大阪)

どうも、拙者です。

外環状線沿いの無添くら寿司に潜入しました。
くら寿司名物の「100円天ぷら」と「あぶり寿司」の両方を置いている店です。

あぶりサーモン 
まずは、あぶりサーモン。
店であぶるそうで、ほのかに温かさが残るサーモンの身とちょっと焦がしたマヨネーズが絡み合ってええ感じです。

生げそ 
生げそ。
いつもよりちょっと大きめかな。コリコリした食感が心地ええ感じです。以前は注文しなかったんですが、前回訪問から結構好きになりました。

昔の回転寿司大型店の注文って、扱いにくいインターホンでの注文で結構面倒臭かったのですが、現在のくら寿司やかっぱ寿司はタッチパネルなんで非常に楽ですよね。

そのため、お客さんの多くがレーンを回っている皿を取るのではなく、注文主体に変わったので、最近はレーンにあんまり皿が回らなくなり、くら寿司でもスカスカのレーンを埋めるために、サンプル皿が回るようになりました。

客の回転率を下げずに急増した注文に対応しなければならないため、厨房スタッフは大変でしょうが、無駄皿が減ることにより、回転寿司チェーンの大きな課題であった「廃棄率の低下(原価率低下)」につながったのかもしれません。

エンガワ 
エンガワです。
非常にコリコリした身を噛むと、甘みの強い脂がジュワーッと出てきます。なんだか、このカレイの水っぽくもあり、ちょっと青臭くもあるエンガワがクセになってきました・・・。

キスの天ぷら 
キスの天ぷら。
注文すれば揚げたてを楽しめます。それなりにサクサクの衣、ホクホクの身、いやあ100円ですから、大満足ですよ。

カンパチ 
カンパチ。これは100円で1貫の皿になります。
期待できそうな見た目だったんですが、とくに印象に残らず。

イカ 
続いてイカです。
テーブルにおいてある塩をかけて食べると、ええ感じです。

サーモンはらす 
サーモンはらす。
回転寿司はサーモンを楽しむに限りますなあ。回らない寿司屋では食べない、もしくは置いていないのですが、100円でこのギトギトと言ってもええぐらいの身を昼に楽しむのは悪くありません。

イワシ 
イワシ。
身が非常に水っぽい、何度も食べて分かっているのですが、光物・青魚をひとつぐらいは食べないと、となぜか取ってしまうんですねえ。たしかに、水っぽい・・・。

茶碗蒸し 
茶碗蒸し。

旨~~いっ!

出汁の味、出汁の量も拙者の好みです。180円ですからね!これはお値打ちですわ。

生いくら 
生いくら、こちらも100円で1貫の皿。

拙者はいくら好きで、いくらご飯・丼なんか大好きなんですが、最近寿司屋では他のネタでお腹いっぱいになるので、いくらをあんまり食べなくなりました。だから、もっぱら回転寿司頼り・・・。

う~ん、回転寿司ランチはたまりませんなあ。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】1,000円ちょっと

■総合    ☆☆☆
■料理    ☆☆☆
■接客    ☆☆
■価格    ☆☆☆☆
(☆5つが最高、★5つが最低)

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ



食べログ グルメブログランキング

スポンサーサイト