サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

焦り丸出しで、もはや哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

ぬんぽこ (ラーメン:天六) 足らぬは暗い情熱

どうも、 苛斂誅求の勘定奉行・神尾若狭守春央です。
胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出るものなり。

暖簾 
天神橋筋六丁目の裏筋にあるぬんぽこ。
火・水・金・土の昼だけ営業するラーメン屋だ。

夜は界隈で高い人気を誇る居酒屋で、その店主が営む二毛作店舗。
そうだ、年貢が納めなければ二毛作でも何でもやればいいのだ。

外観 
実はこのレビューを書くか、かなり迷った。

だって、この人が書ききったもの、私が書くだろう内容より遥かに鋭く・・・。
でも、本年最後のレビューとして、あえてぶつけてみた。

上様の治世に逆らい続けた尾張様のような蛮勇ですな。

ラーメン 
結構待って、三段階に分かれたような工程を経て出てきた肉そば。

昔ながらの中華そばといった顔をしつつ、現代的でもあるルックス。
居酒屋の片手間仕事ではなく、しっかりと作られたと感じる面構え。

スープ 
スープは鶏に、煮干や節と思われる魚介が効いたもの。
よくあるWスープよりも、ずっとまろやかで、魚が強い。

そして、魚臭くなるかとなれば、そうではなく、
想像以上のコク味と甘さが全体をまろやかにまとめている。

麺 
麺はさすがに自家製ではないだろう。
プリプリっとした弾力ある麺で、風味も良く、かなり美味い。

製麺機を買っての自家製麺がやたら増えたが、
どこか知らないが、製麺所のプロの仕事もさすがというところ。

玉子 
ふと見ると、茹で玉子の薄切りが1枚入っているが、
これだと黄身が崩れやすく、ないほうがいいと個人的に思う。

違和感を感じ始めると、続けて出てしまうのが常・・・。

低温真空調理に変えたというチャーシュー。
流行のレア物よりもう一歩火が入っていると思うが、これが良くは思えない。

周囲に貼り付けられる胡椒がどうしても目立ってしまうし、
生々しい肉の風味がどうにもスープと衝突する気がしてならない。

玉ねぎ 
普段ならいらないと思う玉ねぎ。

ところが、中盤から終盤に向けてはこれが欲しくてたまらない。
口直しとして重宝したのだ。

動物と魚介を丸くまとめた油と甘さ。
これが次第に臨界点を越えて、つらくなってくるのだ。
何しろ油が多い。

優しさを感じたはずの動物&魚介Wスープ。
そのはずが、玉ねぎを欲してしまうこってり度。

こってりを覚悟していなかっただけに、そのギャップに少々とまどう。
ラーメンも難しい・・・。

ラーメン2 
そして、最大の違和感は「熱さ」の無さなのだ。

本職ではない(?)からか、まず調理に素早さがない。
麺を茹でる、スープを入れる、盛り付ける。
いずれの所作もゆっくりだ。

そのうえで、各所作の間にかなりの隙間が存在する。
丼にスープを注いでから盛り付けが完了するまでの短くない時間。
まずは、ここで単純にスープの熱がだいぶ減退する。

厨房 
そして、だ。

偏見かもしれないが、ラーメンには欲しい「暗い情熱」がないのだ。
店内の暗さではなく、店内に満ちる暗くも熱い空気・雰囲気。

威勢の良い掛け声を求めているわけではない。
手際よく作られ、少しはパフォーマンスを交えながらの勢いよい調理がある。

熱々で出されたラーメンを客も勢いよく食べていく。
店内は皆無口で、ラーメンをすする音や調理場で激しく湯きりする音などだけが響く。

ご飯 
ゆっくりした調理、温いスープはそういう暗い情熱とは対極。

甘さとくどさの問題はあるが、それなりに美味いラーメン。
でも、暗い情熱の喪失も含めれば、何だかやたら寂しい。

あえてぶつけるほどのレビューだったかな・・・。

本年もご愛読くださり、どうもありがとうございました。
2013年もよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ 



関連ランキング:ラーメン | 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6094: by ちょぱ兄 on 2012/12/31 at 07:49:23 (コメント編集)

味が勿論大切なのですが、その前にとりあえずラーメンは熱々で戴きたいですねぇ。
本年は色々とありがとうございました。
来年もよろしくお願いします(礼

6095:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/12/31 at 09:22:51

>ちょぱ兄さん

コメントありがとうございます。

意味がある温度だったら別かとは思いますが、
たぶん手際に起因する温さなので。

来年もよろしくお願いします。

6096: by アルティマ on 2012/12/31 at 09:28:13

面白いレビューでしたよ~!
本年はお世話になりました
来年も宜しくお願いします

6097:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/12/31 at 09:51:15

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

そう言っていただけると、ほんと嬉しいです。

来年もよろしくお願いします。

6098: by ゆう on 2012/12/31 at 10:00:34

お久しぶりです。

今年はま〜くんさんにお会いすることができてほんと嬉しかったです!
また是非ご一緒させて下さいね。
来年もよろしくお願いします!

6099:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/12/31 at 10:09:28

>ゆうさん

コメントありがとうございます。

こちらこそありがとうございました。

呑めるようになったら、ぜひご一緒しましょう!

6100: by カクさんとアヒル on 2012/12/31 at 10:28:14

逆転サヨナラホームランみたいな記事書いて・・・w
よう伝わりました。
手を抜かないま~くんの記事はさすがですね。
来年も期待してますゾw
宜しくお願いしま~す!

6101: by 八兵衛 on 2012/12/31 at 11:20:34

「さすがはま~ちゃん」で締めくくりましたね
はちも暗い情熱で来年も食べ歩きたいと思いますw
来年もどうかよろしくお願い致します

6102: by コジ on 2012/12/31 at 11:39:45

ある意味、行ってみたくなるレビューですね。
冷めたスープを確認しにww

今年はお世話になりました。
来年も宜しくお願いします。

6103: by すくわか on 2012/12/31 at 15:20:07

エッジの際立った名文です。
暗い情熱の件は何度も読みました。

また来年も楽しみにしてますからねー!

6104:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/12/31 at 16:21:26

>カクさん

コメントありがとうございます。

パクって多少自分色ベタ塗りしたみたいな内容ですが・・・。

ともあれ、来年もよろしくお願いします。

6105:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/12/31 at 16:22:15

>八兵衛さん

コメントありがとうございます。

八兵衛さんの情熱は太陽のように明るく、熱いっす。

来年もよろしくお願いします。

6106:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/12/31 at 16:23:11

>コジさん

コメントありがとうございます。

オペレーションにいい慣れが出れば、
劇的に良くなるかとは思いますが。

来年もよろしくお願いします。

6107:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/12/31 at 16:24:04

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

暗い情熱は一度書いてみたかったんです。
ずっと思っていたことで。

来年もよろしくお願いします。

6108: by タケ on 2012/12/31 at 19:42:41

来年は松寿司行ってみます!
本年はありがとうございました
またお会いできる日を楽しみにしてます!

6109:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/12/31 at 20:22:21

>タケさん

コメントありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございました!

タケさん、かっこいいんで、正直嫉妬してます・・・。
なんのこっちゃ・・・。

▼このエントリーにコメントを残す