サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

北新地 鮨 志 (寿司:北新地) 

どうも、木曾冠者・源義仲です。

外観 
大夫坊覚明ことちょぱ兄さんとの寿司行脚。
今回は「北新地 鮨 志」。
※訪問時期は5月中旬。

準備 
少しは慣れてきたが、初めての寿司屋はやはり緊張する。

まして、大きな体躯の親方とあっては・・・。
と思ったら、意外にフレンドリー。

ビール 
カウンターはたしか6席だったが、荷物置きに使って実際は4席。
肩肘張らず、ゆったり出来る店かもしれないと気づき、一気にリラックスした。

アコウ 
アコウはもっちりした歯ごたえ。
アコウはあの弾力が魅力的だけに、少々寂しいか。

蛸 
茹で蛸。
風味もしっかりしており、悪くないが、茹で上がりにはやはりかなわない。

薬味 
その蛸には炒りカラスミと梅肉七味が添えられる。
この梅肉七味はこれだけ舐めてもツマミになる。

もずく 
沖縄太もずく。
悪くはないが、強めの素麺出汁でも絡めたほうがより美味くなるかと思う。

鳥貝 
生鳥貝。
ネギ油をかけ回してある。

が、その工夫が余計に感じる。
爽やかな磯の香りが吹き飛び、甘みも減退、妙に味濃くなってしまったからだ。

鳥貝2 
ただ、添えられた肝の佃煮はベラボウに美味い。

ノドグロ 
ノドグロ。
ノドグロと甘鯛の出汁の風味が素晴らしい。

ガリ 
さて、ここから握りだ。

サヨリ 
サヨリは軽く塩で締めたのが最近やけに美味く感じる。

ハリイカ 
ハリイカはしっかりした固めの身。
しかし、信条であるサクッとした歯切れの良さが少し感じられないのは残念。

シャリは赤酢を使っている。
酸味の尖りを丸めるため砂糖を使っているのはいいが、少し多いか・・・。
握りもだいぶ柔らかめで、米粒の固さとのバランスはどうだろうか。

マグロ 
赤身。

コハダ 
コハダ。

鯵 
鯵。

アマテガレイ 
アマテガレイ。

鮑 
煮鮑。

白海老 
白海老。

ヅケ 
ヅケ。

トロ 
トロ。

海胆 
海胆。

穴子 
穴子。

干瓢 
干瓢。

玉子 
玉子。

北新地にしてはリーズナブル。
そういう評判をよく聞いた。

たしかに、高くはないが、目立つほど安いわけではない。

値段よりもむしろ、北新地において寛ぎながら、
ゆっくりと呑んで楽しむ、そこがこの店の魅力かもしれない。

ふと、そんなことを考えた。

--------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【北新地 鮨 志】
大阪市北区堂島1-3-33 (地図
06-6344-8002

北新地 鮨 志寿司 / 北新地駅大江橋駅西梅田駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4402: by ちょぱ兄 on 2012/08/06 at 05:50:40 (コメント編集)

もはや行った事も忘れてましたw
アテの段階では光るものも多く期待に胸が膨らみましたが握りになると急に凡庸になりましたね。勿論不味い訳ではありませんが。
大将の愛想が良くて居心地は良かったです^^

4403: by 明るい農村 on 2012/08/06 at 06:42:39

志は昔行った事があります。居心地の良い店だった記憶があります。

京都にある鮨まつもとのお弟子さんが北新地で鮨屋を開店されたみたいです。

4404: by びぃえふ on 2012/08/06 at 06:44:18 (コメント編集)

おはようございます

ま~くんでもはじめての寿司屋に行くの緊張するんだ~w

大阪食べ歩きガイドマシュランをみると
寿司屋に行きたい率があがってします(^。^;)

4405: by 八兵衛 on 2012/08/06 at 07:53:11

北新地にというだけで
敷居が高いと緊張してしまうんですが
くつろげるならいいですね

4407:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/08/06 at 08:16:53

>ちょぱ兄さん

コメントありがとうございます。

たしかに居心地のいい店でしたね。
居酒屋使いするのがいいのかもしれません。

4408:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/08/06 at 08:18:09

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

居心地の良い店ですね。

弟子が北新地で開業ですか・・・。
何か早すぎるような気もしますね・・・。

4409:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/08/06 at 08:18:55

>びぃえふさん

コメントありがとうございます。

Barほどではないですが、やっぱりちょっと緊張します。

緊張しい、というのもあるんですけど。

4410:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/08/06 at 08:19:48

>八兵衛さん

コメントありがとうございます。

やっぱり北新地は独特の空気ですね・・・。
まだまだ敷居が高いです。

4411: by アルティマ on 2012/08/06 at 09:21:57

炒りカラスミたまに見かけますが
口のなかで違和感があり好みません
ザラザラするのっていやなんですよねー
このお店の巻きもきまっていませんねー
鳥貝肝佃煮には激しくそそられます
どんなんやろー美味しいんでしょうねー
食べてみたいっす

4412: by ∟ on 2012/08/06 at 11:55:03

一度行っただけですが、やりとりに誤解あって私が気を悪くして店を出ちゃいました。それからあちこちで大将と会って挨拶してもらうんですが、なかなか再訪のチャンスなくて・・・
でも握りみてたら、行かなくていいのかなと・・・
まつもとのお弟子さんのお店はデ ニロさんがアップしてはりました。話は色々聞きますが、こちらも行かなくていいのかなと・・・

4413: by すくわか on 2012/08/06 at 15:53:09

そうですね。
冬にお馴染みさんが鍋なんかつついてらして、えらく旨そうでしたわw。

4414:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/08/06 at 17:40:46

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

私もカラスミの炒り、炙りを好みません。
松寿司でも「炙りはいらん」と言おうとして忘れます。

ピシッと決まった巻は、記憶の新しいところでは
「もう行かない」と思った店だけで・・・。

鳥貝肝佃煮はなかなかのものでした。

4415:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/08/06 at 17:42:02

>∟さん

コメントありがとうございます。

やりとりで合わない、はありますよね。

そうか、デ ニロさんUPの店がそうでしたか。
行かないでいいみたいですね・・・。

4416:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/08/06 at 17:42:51

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

店の作りから寿司屋ではなく、割烹?居酒屋的に思えたのですが、
そういうお店の居抜きとかだったのでしょうか・・・。

▼このエントリーにコメントを残す