サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

来年は凄いことが起こる詐欺w

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

こいき @その11 (寿司:四天王寺) 変化

どうも、織田弾正忠信長です。
浅井長政の裏切りが、予の生き方を根本から変えた。無駄に信じぬ。

4月末のこいき。

蛸 
ツマミは長崎産の真蛸。
水ダコかと思うぐらい太い足だが、中心をレア状態にして茹でてある。

藻塩 
歯切れ良く、軽い甘みで単体でも十分美味いのだが、
アラメの藻塩をちょいと付けると、これが一段も二段もグッと美味くなる。

藻塩は連結決算への貢献度が高い、超優秀な子会社。

鳥貝 
生鳥貝。
信条の爽やかな磯の香りは弱いものの、甘みは十分で食感も満足。

ホタルイカ 
ほんのり柚子香る、薄味仕立てのホタルイカ沖漬けは大好きだ。

ビールを飲んでいる場合じゃないね。
浅井久政・長政父子、朝倉義景の首級薄濃を肴に酒、はいらん・・・。

平目肝胃袋 
平目の肝と胃袋。
おわ、この肝は常勝将軍・滝川一益を発掘した時ぐらいの喜びだ。

少々オーバーだが、カワハギとオコゼ肝のええとこどり、の印象。
たっぷりのコク味を蓄えつつ、サラリともしている。

胃袋はわずかにクセを感じるが、このコリコリとサクサクの中間食感は気持ちいい。

酒ください。

バイ貝 
本バイ貝煮。

ほじくるとつるんと取れ、丸ごとかぶりつく。
ツブ貝煮より歯ごたえのある身と肝を一気に喰らうのはなかなか美味い。

ドロ海老 
鳥取境港産のどろ海老(モサ海老)。
甘海老のような甘みを湛え、甘海老より身がミシッと詰まっている。

ドロ海老子 
いやあ、美味い海老だわ。
これにも、藻塩をちょいと付けると、さらに甘みが引き出される。

ドロ海老頭 
憎らしき浅井久政と浅井長政の首級、じゃなかった、どろ海老の頭。

もずく 
淡路島のもずくで口をリセット。

石鯛 
握りは珍しい石鯛から。

シャリ
おっ、シャリの味が変っているぞ!
聞いてみると、赤酢を変えたとのこと。

赤酢 
横井醸造の「與兵衛」。
お江戸の有名店でも使っているところがたしかにある。

なんともいえぬコク味が生まれ、わずかな砂糖で酸味の尖りも抑えている。
まだ試行錯誤が続くだろうが、以前よりも間違いなく美味くなったと思う。

酸味を尖らせないという工夫は欠かせない。
それを欠くと、やたらと流行っている赤い酸っぱいだけのシャリ。

ふと感じるところとして、もう少し硬めに炊いたほうがいいのかな。

平目昆布締め 
平目昆布締め。
締めを強くしているが、シャリが受け止めているのでいい具合だ。

スミイカ 
スミイカ。
サクッとした食感が最高、強まった赤酢シャリはイカにはちょいと不向きか。

鯖 
鯖の脂は、いよいよ大人しく終焉を迎えている。
ただ、シャリとの相性は抜群、素晴らしいコンビネーション。

アオヤギ 
アオヤギヒモ 
アオヤギのシャリシャリした食感もクセになる。
少々品を欠いた香りと甘みに、いつの間にか虜になっている。

サヨリ 
軽く塩で締めたサヨリ。
キュッと締まったサヨリは赤酢シャリとの相性はなかなか。

サヨリの皮 
サヨリが出れば、当然皮の塩焼きは頂きたい。

イクラ 
塩蔵イクラを塩抜きして、味付けて。

イクラ2 
鰹の効いたツユが美味い。
伊勢の名門・北畠家に次男・信雄を養子に送り込んで乗っ取った、みたいな。

ヅケ 
ヅケ、このシャリとマグロの相性は素晴らしいっす。

蒸し鮑 
藻塩が引き立てる蒸し鮑の美味さ。
藻塩は羽柴筑前守秀吉か、明智日向守光秀か。

足赤海老 
足赤海老。
ミシッと詰まった身を思いっきり頬張る美味さはこの海老ならでは。

中トロ 
中トロ。
マグロの脂と赤酢シャリがいい相乗効果を生んでいる。

コハダ 
コハダ。
シャリとの相性を期待したが、今回はコハダ自体のタネ質がイマイチ・・・。

平目? 
混んできたので小休止、平目だったけ?

小柱 
小柱。
てんこ盛りを頬張り、小柱の甘みと海苔の風味を噛み締める。
かなり好きなタネだ。

赤貝 
ヒモ 
赤貝は長崎産。
かなり分厚く、思いっきり頬張って満足。

海胆 
海胆。

穴子 
穴子でも藻塩はその役割を存分に果たす。
細川与一郎忠興のようにかわいい奴よ。

カマトロ 
カマトロ。

少し張った筋がむしろ心地よい弾力になっている。
ジュワジュワ湧き出る脂の甘みがたまらん。

トロ鉄火 
ならば、最後にこれは巻いてもらう。
もう少し巻きがキレイだとなおよろし・・・。

いやあ、喰い散らかしたこと。
こいき史上、過去トップクラスの満足感。

--------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【過去記事】
その1
その2 ・・・ 贅沢な普段使い
その3 ・・・ ローテーション入り
その4 ・・・ 鮑への片想い
その5 ・・・ 驚きのサーモン
その6 ・・・ 醍醐味
その7
その8 ・・・ 光り物王国
その9 ・・・ ツマミ満喫
その10 ・・・ 春らしさ

【こいき】
大阪市天王寺区四天王寺1-7-15 (地図
06-6772-0379

こいき 寿司 / 四天王寺前夕陽ケ丘駅恵美須町駅

スポンサーサイト
トラックバック
by UPチャンの日々食飲遊記 on 2013/02/06 at 16:16:57

以前は大きなネタの寿司が好きでしたが、最近は小振りの江戸前寿司が好みに・・ なかなかいいお寿司屋さんを見つけました! すし処『こいき』・・ 場所は、谷町筋の天王寺警察西 ...

トラックバック送信先 :
コメント
4241: by 八兵衛 on 2012/07/19 at 07:28:30

ますます魅力が増しているようですね
朝から頭の中が寿司一色

4242: by 明るい農村 on 2012/07/19 at 07:43:34

確かに赤酢には硬めのしゃりがあいますね。
大老さわ田のしゃりは芯がありそうな位硬めでした。
酢と米の相性は本当に奥深いですね。

こいきさんはあても握りも数が豊富ですね。
今すぐにでも行きたくなります。
嗚呼、関西に戻る用事が出来るのはいつの日やら。

4244:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/07/19 at 08:18:11

>八兵衛さん

コメントありがとうございます。

たしかに良くなりました。
私も寿司が食べたいです。

4245:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/07/19 at 08:19:00

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

シャリは難しいですね。
実際、何がいいのか、まだまだ分かりません。

寿司食べたい・・・。

4246: by ちょぱ兄 on 2012/07/19 at 08:29:53 (コメント編集)

こいきの藻塩は反則ぎみですよねw少し付けるだけで味のレベルが一段上がってしまいますから^^
まーくんが認める赤酢のしゃり。確かめねば。

4247:鉄板ぶりお by 名無しの読者 on 2012/07/19 at 11:15:10

この、、こいきーーー♪

ご一緒したかった。。

わりと、数日違いでお邪魔してたのですが、、

4248: by カクさんとアヒル on 2012/07/19 at 12:07:30

食べましたねええ・・羨ましい食欲だわ。
混んできたので小休止というのが分かりませんw

4249: by アルティマ on 2012/07/19 at 16:54:08

ぎょうさん食べましたね~!
バイ貝美味しいでしょうね~煮凝りなら尚嬉しいです!

4250:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/07/19 at 19:28:50

>ちょぱ兄さん

コメントありがとうございます。

藻塩は買いたくなるぐらいですね。
ゆで卵なんかでも美味しくなりそうです。

4251:Re: 鉄板ぶりお by ま~くん on 2012/07/19 at 19:29:31

>ぶりおさん

コメントありがとうございます。

いつも以上にええ感じでしたね。
やっぱり寿司が好きです。

4252:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/07/19 at 19:30:14

>カクさん

コメントありがとうございます。

ほんと、だから痩せません・・・。
小休止はなんでしょね、自分でもよく分かりません・・・。

4253:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/07/19 at 19:31:03

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

注文しなくても、最近はこういう量で。
そりゃ、太ります・・・。

バイ貝の煮凝りいいですね、食べたいです。

▼このエントリーにコメントを残す