サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

ばっこ志 @その5 (ラーメン:十三) 特濃到達

どうも、蜀漢の昭烈帝こと劉備玄徳です。

黒油らーめんを食べていないが、デフォのとんこつを5回ほど、
朱油を1回食べたわけだから、三顧の礼を尽くしたように思う。

いよいよ、諸葛亮孔明先生を我が帷幄に迎える日。
ようやく、特濃に挑戦する日が来たのだ。

らーめん 
特濃らーめん。
たしかに、濃度を感じさせるスープの粘りが見て取れる。

が、濃厚を売りにする他のラーメンとはやはり一線を画している。
さすがに、ツンと来るだろうと思っていた獣臭がしないのだ。

スープ 
唇にまとわりつき、軽く膜が張り、たしかに濃厚ではある。

だが、脂の強さ、くどさを感じない。
豚の旨味だけを抽出し、それを濃縮したのみ、という印象だ。
煮詰めて得たコ味の反作用であろう雑味を感じない。

それでいて、感動したデフォとんこつのクリーミーさも活きている。
やっぱり、ばっこ志のとんこつスープなのだ。

麺 
ふむ、麺に絡んでも何ら違和感がない。

飲んで美味い濃厚スープ、麺に絡むと少しくどい、という経験がある。
しかし、ばっこ志特濃にはそれがない。

いつもより、柔らかめの茹で上げだったのは少々残念だったが、
それでもそこらの豚骨ラーメンを片手でなぎ倒す迫力がある。

チャーシュー 
中盤以降、辛めの紅生姜をひとつまみ入れると、これまたよく合う。

ばっこ志の集大成というべき一杯だろうと思う。
色々あるだろう「志」を体感できる一杯だと思うのだ。

普段は、バランスに優れるデフォとんこつを食べたいとは思う。
ただ、節目節目で特濃を食べたい、そんな印象だ。

最後に一言。
この方が仰るとおり、初回で特濃は避けたほうがいいでしょう。
デフォとんこつのファンになってから、チャレンジするのがベストです。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【過去記事】
その1 ・・・ 新世界に到達した日
その2 ・・・ やはりこれは革命
その3 ・・・ 朱に交われば赤くなる
その4 ・・・ 孤高の豚骨

【ばっこ志】
大阪市淀川区十三東2-12-41 (地図
06-6886-5180

ばっこ志 ラーメン / 十三駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3746: by はち on 2012/05/29 at 07:30:38

十三は遠いけど
ますます行きたくなりましたね~

3750:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/05/29 at 07:46:37

>はちさん

コメントありがとうございます。

ここのラーメンは独特で、行く価値があると私は思います。

ただ「だけ」では遠いですので、他で楽しんだ締め、とかがいいかもです。

3751: by アルティマ on 2012/05/29 at 07:49:57

夏場はデフォが良いのですが
寒くなってくると特濃になります
十三に出るとかなりの確率で食べます

3752:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/05/29 at 07:51:44

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

寒い日に特濃いいですね~。
ぽかぽかしてきそうです。

真夏だとえらいことになりそうですが・・・。

3753: by すくわか on 2012/05/29 at 09:44:02

色々なメニューを用意されていますが皆、基本はばっこ志のとんこつらーめんなのですね。
昨年は「特濃」よりさらに濃い「鶏白湯」に着手され、またそれに鰯のブツ切りを投入、といった試みもなさいました。
全てきっと これから先のばっこ志のとんこつらーめんの肥しになるご研鑽かと応援しています。

3754:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/05/29 at 16:20:42

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

イワシのぶつ切り投入って何か凄いですね。

この後、私もチャレンジメニューを食べました。
限定チャレンジメニューも魅力の1つに感じます。

▼このエントリーにコメントを残す