酒房富よし @その8 (居酒屋:新世界) ほっこり

どうも、火附盗賊改方の長谷川平蔵宣以です。
江戸市中を騒がす凶悪な盗賊どもは容赦なく斬り捨てる所存。

久しぶりに「酒房富よし」へ。

酢牡蠣 
とりあえず、酢牡蠣を注文。
ポン酢は酸味のカドが強くないまろやかタイプで好み。

牡蠣 
小粒が出てくるだろうと思っていたが、かなり大粒の牡蠣。
注文前に想像していたより、ずっと美味かった。

穴子天ぷら 
イワシフライがなかったので、穴子てんぷらを。

う~ん、これは揚げすぎのためか、衣が固く、いけないな。
火の入りすぎで穴子のふっくら感も失われ好みではない。

予を忌み嫌う御老中、松平越中守定信殿のような存在か・・・。

キュウリ糠漬け 
キュウリのぬか漬け。

自家製だと思うけど、糠の匂いしっかり、ちゃんとした塩加減。
ぬか漬けがやたらと減塩に向かっても仕方がないと予は思う。

で、少しだけ醤油を掛けて、味の素をパラリ。
化学調味料漬けはいけないが、無化調原理主義にも染まりたくはない。

このぬか漬けでしばらく呑める。
実際、これだけでしばらく呑んだ・・・。

牛タンカレー煮 
名物(?)の牛タンカレー煮。
特別手の込んだ調理過程はないが、なんだかんだこれが美味いの。

タン 
余ったカレーソースをじゃがバターにかければ、これがええ感じで。

といいながら、じゃがバターを注文するのを忘れる体たらく・・・。

じゃこ飯 
締めはじゃこ飯。

これは不意をつかれた。
大盗・蓑火の喜之助に突然出くわしたような気分だ。

じゃこの山椒煮が乗っただけのご飯を想像していたのだが、
じゃこの炊き込みご飯が出てきたわけだ。

こっちが正統なのかな?
山椒煮ご飯が食べたかったのだが、これはこれで美味いからいいか。

たまには、この店でほっこりするのもいいな。

---------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【過去記事】
その1 ・・・ 昭和の香り、新世界の良心
その2 ・・・ ホッとする店
その3 ・・・ ゆったり飲む時間
その4 ・・・ いつの間にか吸い寄せられている
その5 ・・・ スタメンはそうそう変えない
その6 ・・・ 疲れた時はここかな
その7 ・・・ 久しぶり

【酒房富よし】
大阪市浪速区恵美須東1-13-8 (地図
06-6641-8927

スポンサーサイト

6 Comments

はち  

派手な演出ではなく
丁寧に作られたその店の味があれば
ゆっくり呑めますね

2012/05/17 (Thu) 07:30 | REPLY |   

ま~くん  

Re: タイトルなし

>八兵衛さん

コメントありがとうございます。

店が広いので、ゆったりしているってのも
大きい要素となっております。

50年超の歴史があったような・・・。

2012/05/17 (Thu) 08:39 | REPLY |   

アルティマ  

こういうお店でゆっくり飲むのは至福です
飲み過ぎちゃいそうですが…

2012/05/17 (Thu) 09:15 | REPLY |   

ちょぱ兄  

ココもええ感じですよねぇ。香港とセットで行ってみたいです。

2012/05/17 (Thu) 11:21 | EDIT | REPLY |   

ま~くん  

Re: タイトルなし

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

至福の時間ですよね、ほんと。
金欠で控えようと思っても、ついつい行ってしまいます。

2012/05/17 (Thu) 18:41 | REPLY |   

ま~くん  

Re: タイトルなし

>ちょぱ兄さん

コメントありがとうございます。

ここも、香港も、たしか新世界で50年オーバー。
まったりした空気が流れています。

2012/05/17 (Thu) 18:42 | REPLY |   

Post a comment