サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

らーめん角力 @その11 (ラーメン:玉造)

どうも、南河内大学応援団親衛隊隊長の青田赤道です。

外観 
どうしても応援したくなってしまう、らーめん角力。
勝手応援団を結成したい、とまで思ってしまう。

高菜 
ラーメンが出来るまでの間、高菜をつまんで待つ。

辛さと裏側の甘さ、かすかなほろ苦さが好き。
ビールを飲む時は、結構な量をつまんでいる。
聞いてみたら自家製だそうな。

とんこつラーメン 
応援しているとんこつラーメンだ。

スープ 
コクが足りずタレ勝ちになる日もあったりするが、今日のコンディションは上々。
あっさりしつつ、適度にコクがあり、いい具合に仕上がっていると思う。

チャーシュー 
チャーシューは毎回試行錯誤の気もするが、今日のはなかなか高レベル。
脂身たっぷりだが、くどくはなく、スープを濁さず、スープから浮かない味付け。
これに甘めのタレを塗ってくれれば、ツマミで盛り合わせにしたいぐらい。

麺 
九州らしい細ストレート麺、このサクサク感がいい。
今日は茹で加減も上々、ベストなサクサク感。

替え玉 
替え玉にも大きなチャーシューが1枚入っている。
が、個人的にはチャーシューは切れ端にして、
100円で出すほうがお得感も出て、注文も増えるのかなと思ったり・・・。

それに、いつも以上に気になったのはスープの温度が少し低いのだ。
1杯目では問題ないが、替え玉にすると気になってきてしまう・・・。

ガッツリ豚骨を求める人には向かないとは思う。
ばっこ志のような洗練された、磨きぬかれた一杯ではないかもしれない。

でも、好き。
小嶋陽菜ではないが、向田茉夏(SKE48チームKII)のような存在。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【過去記事】
その5 ・・・ 優しい豚骨
その6 ・・・ すべてはここから始まった
その7 ・・・ 帰ってきた角力
その8 ・・・ 花の角力
その9 ・・・ 試行錯誤?
その10 ・・・ 天の御加護を!

【らーめん角力】
大阪市天王寺区玉造元町18-28 (地図
06-6762-8977
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3180: by アルティマ on 2012/03/10 at 08:01:49

久しぶりにこじはるが出ましたね~
さっぱりわからなかったAKBがかなり理解が深まってきました
角力頑張って欲しいですね~!
個性があるラーメンは魅力的だと思いますね~

3181: by すくわか on 2012/03/10 at 08:03:16

メンマがなくなって、チャーシュー2枚になりましたね?

あ、はぃ。メンマ残されるカタが多すぎなもので…。

トッピングメニューにはメンマがありました。
ぬるいのはいけなせんなぁ。

3182:おはようございます。 by 河内の おさぁ~ん on 2012/03/11 at 05:58:38

美味そうな ラーメンでそそりますね。

ところで、浪速区の丸栄横の「鮨正」に行かれた事ありますか?
まだなら、是非調査お願いします。(笑)

3183:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/03/12 at 02:56:38

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

角力には頑張ってほしいです。
こじはるは頑張らなくても、存在だけでOKです・・・。

3184:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/03/12 at 02:57:36

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

メンマ残す人多いんですね・・・。

少しの温さ、替え玉の時に気になるんですね・・・。

3185:Re: おはようございます。 by ま~くん on 2012/03/12 at 02:58:41

>河内のおさぁ~んさん

コメントありがとうございます。

たしかに、横に寿司屋ありますね。
たぶん、ごく普通の街場寿司の気がするので、
どうしても丸榮に入ってしまいます。

▼このエントリーにコメントを残す