サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

ズーッと凄いことになりそう・起こりそう、と言い続ける。

結局な~んにも起こってないやん。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

延重 @その2 (寿司:福島) 御家門

どうも、会津藩祖の保科肥後守正之です。

外観 
鰹腹身、秋刀魚の塩握りに感動した「延重」。
※12月上旬再訪時のレビュー。

ツマミは刺身の気分ではなく、焼き物を食べてみたくなった。

香箱ガニ 
焼き上がりまで、すぐ出る香箱ガニをつついて待つことにしよう。

身肉、内子、外子の三重奏はいつ聴いても素晴らしい音色だ。
ヴァイオリン(身肉)、チェロ(内子)、ヴィオラ(外子)の美しいハーモニー。
手を加えないシンプルな美味さにしばしうっとりする。

石鯛 
石鯛の塩焼き(半身)。

プリプリの身質、ほんのり乗った脂。
石鯛は塩焼きに適した素晴らしい魚だと思う。
真鯛に比べて皮が厚く、モチモチ感があるが、それがまた美味い。

そして、塩加減も絶妙で、身の甘味を上手く引き出している。
塩自体もいいのかなと思ったが、「岩塩ですが、特別なものでは・・・」と親方は言う。

結構なボリュームだが、ちょっと感動して一気にしゃぶりつくした。

さあ、握ってもらおう。

平目と鱸 
平目、スズキの昆布締め。

旬ならではの脂を蓄えた平目、旨味もしっかり詰まっている。
海のクセを吸収してしまうスズキは、昆布締めにするとそのクセが取れていい。

生ダコ 
蛸は生は食感重視、茹で蛸or煮蛸は旨味重視と思っていたが、
この生蛸はなかなかに旨味が濃い。

アオリイカ 
アオリイカは細かく包丁を入れ、炙って食感を良くしてある。
アオリは甘味の濃いイカだが、固いため握りには不向きかと思うこともある。
でも、こういう仕事をすると、サクッと噛みきれるいい具合になる。

ブリトロ 
ブリトロはコリッとした歯ごたえがあり、濃厚な脂が口中に広がる。
いやあ、美味いわ。

ヨコワ 
ヨコワは、若いというか、まだ幼いコクと香りを楽しむものだろう。
成魚になると、ドンと血の香りを漂わせるが、あの力強さとは別の魚のようだ。

強い燻製香など付けてしまえば台無しになるが、それはまた改めて・・・。

ヅケと蟹 
ヅケと蟹。
霜降りのヅケは、食感が面白く、これはこれで美味い。

シラサ海老 
塩握りの2本立て。

まずは、右の生シラサ海老。
車海老のおどりはいらないが、生シラサの弾力を楽しむのは好きだ。
上品な甘味は塩で引き立てられている部分も大きいだろう。

左はホウセキキントキと親方は言ったと思う・・・。
そうならかなりのレア魚。

控え目な甘味、クセのない上品な味わいに、希少価値が発生することも納得。
昆布締めにしてみるとさらに美味いかもしれない。

海胆 
根室産の海胆。
ルックスは悪くないが、香り、甘味、コクのどれもダメ、ちょいと不思議だ・・・。

穴子 
穴子。

鰻 
鰻の白焼き。
握りにする必要性が少し疑問だが、タネ自体は美味かった。

山葵多めが美味いと常連に話しかけられ従ったのだが、
たしかにたっぷりの山葵と塩で鰻の脂との調和が抜群に良く、
コクがありつつ、キレがある味わいに仕上げてくれる。

本山葵であれば、なお美味いだろうな・・・。

白身 
こやつは何者だったろうか・・・。

赤貝 
いい赤貝だ。
旨味もしっかりしているし、香りもそこそこ強い。

ヨコワ腹身 
ヨコワの腹身。

これは絶品!
マグロとはまた違う、サラリとした脂がたっぷり乗っていて、
それが舌でとろけていく時に塩と交わるのが何とも美味い。

ブリトロ2 
霜降りが美しいブリトロをリピートしておく。

親方はおしゃべりではないが、付かず離れずの見事な接客。
1人で焼き物、煮物を含む料理はもちろん、皿洗いまですべてをこなしているが、
入店時には上着やカバンを預かるなど細かいサービスも見せる。

そのうえ、テーブル席も埋まればかなりの客数になるが、
混雑していてもそれほど待たされていると感じないから、手も早い。
ためか、切り付けと握りは少し雑なのだが・・・。

酒類のバリエーションは少ない(それぞれ1種しかない)が、
これだけ食べて、ビール、焼酎、冷酒を楽しんで8,400円は安いと思う。

予約必須でなく、まだフラリと訪れられる余裕があるのも嬉しいところ。

余にとって寿司御三家は現在、尾張きずな紀伊松寿司水戸こいき
延重は御三家・御三卿ではまだないが、御家門の越前もしくは会津松平家の家格であることは間違いない。

---------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ 

【過去記事】
その1 ・・・ 隠れ家で塩握りを喰う口福

【延重】
大阪市福島区福島7-17-15 (地図
06-6451-7026

延重割烹・小料理 / 福島駅新福島駅西梅田駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2899: by ちょぱ兄 on 2012/02/06 at 09:53:22 (コメント編集)

既に再訪済みでしたか。
とてもお値打ちですし旨そうです^^
福島はまだ足を踏み入れた事がないのですが、行きたい店が沢山あります。

2900: by すくわか on 2012/02/06 at 11:07:11

ありがたや。これはいいですね。
いずれ行って見ます。

2901:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/02/06 at 14:20:37

>ちょぱ兄さん

コメントありがとうございます。

予約必至!じゃなくてフラリと寄れたところも大きいですね。
混むときはギューギューに混んでますけど、
当日ふらりと寿司気分で対応できる店って貴重でして・・・。

2902:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/02/06 at 14:21:45

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

ふらりと入れて、結構美味しくてお得。
こういう店を何店か抑えておきたいです。

2903: by カクさんとアヒル on 2012/02/06 at 15:34:38

月曜は鮨ネタでw
あそこは来週ですかね。

2904: by うっかり八兵衛 on 2012/02/06 at 15:48:49

その時の気分で使い分けできる・・いいですね
福島には魅力的なお店がたくさんありますね
もう少し近かったらなぁ・・

2905:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/02/06 at 18:26:40

>カクさん

コメントありがとうございます。

キタの将軍家でしょうか。
まだまだ溜まっていて当分先でございます・・・。

2906:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/02/06 at 18:28:14

>八兵衛さん

コメントありがとうございます。

福島は天満と並んで色々回ってみたい街ですね。

改めてなんちゃあ寿司屋が好きです。

2925:もはや絶句 by 空手チョップ on 2012/02/09 at 00:24:42

あの痣ある大将の料理がですか?!寿司屋のくせに自ら寿司苦手ですと公言されてる大将の、あの大味な料理がですか?(笑)(笑)(笑)(笑)もはや絶句です(≧ω≦)b凄すぎます!他にどんなお店行かれて、どんな評価されてるか見てみたんですが、もうお腹いっぱい(笑)勉強なります(*^m^*)「まさる」さんとか行ってお寿司の何たるかを勉強して来て下さい。レベル低すぎです。以上

2929:Re: もはや絶句 by ま~くん on 2012/02/09 at 00:40:03

>空手チョップさん

絶句の割りによくコメントされますね。

すいませんが、「まさる」についてはおそらくアナタよりよく通いましたよ。
最近行ってませんが、改装前から、改装後も何度となくね。

寿司の何たるかを極めてらっしゃるようで、なんと立派な方でしょう。
店主の外見にまで触れる品の無いコメントから片鱗も伺えませんが、おそらく今後も見えないでしょう。

最高レベルの方ですから、低レベルのブログなぞお読みにならないでください。

さようなら~。

▼このエントリーにコメントを残す