サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

オムライスと豆乳のおいしいお店 幹 @その3 (オムライス:扇町) シルクというオムライス革命

どうも、IMFエージェントのイーサン・ハントです。
スーパーオムライスなる食べ物があるとの情報がIMFに入りました。

潜入捜査だと張り切っていたら、お店のブログで正式リリースされました。
「シルク」と命名されたオムライスです。

外観 
クレムリンを後回しにして「オムライスと豆乳のおいしいお店 幹」に潜入します。

サラダ 
まずは、サラダを。
IMFと同じ周波数を使う別組織の妨害に遭い、見事にピンボケしました。

スープ 
フワフワ玉子のスープ。
結構、塩味が効いていますが、それが大事なんですね。
先日、とある洋食屋で塩の足らないスープを飲みましたが、味の輪郭がボケるんですよねえ・・・。

オムライス1 
そして、調査対象のシルクという名のオムライス。
今回は「明太子クリーム」にしてみました。

オムライス2 
焼け焦げなく、見るからに滑らかな表面。

割ってみようとスプーンを入れた瞬間の衝撃と来たら、アナタ!
元々、余所でお目にかかれぬフワフワ玉子ですが、さらにフワフワ度大幅UP!

スプーンに玉子の抵抗を感じないというか、玉子を認識できないまま、
ライスに到達するほどのフワフワ感・柔らかさ、まったく未知の領域です。

オムライス3 
未知玉子の口当たりは、もうどう表現したらいいか分かりません。
焼いた玉子がどうしてこんなにフワフワになるのか、頭がいささか混乱します。

本当に超絶のフワフワ感!
口に入れると、スッと溶けていくこの感触!
それでいて、半熟の邪道と違って火はしっかり通っているわけです。

超絶玉子と、バターライス、明太子クリーム、口中で少しだけ同居して消えていく。
そこらに転がっているオムライスとは、ケタが違う美味さです、本当に!

食べ終わって、しばらく呆然としていました。
どうやったらこんな超絶玉子が出来るのか、想像すらできません。

もう1個食べたいですが、ダイエット後のリバウンドを恐れましょう、ね・・・。



オムライス4 
IMFの裏切り者が勝手に注文したみたいです。
ベーコンのチーズクリームのオムライス、小さめ・・・。

オムライス5
焼け焦げもありませんが、シワもないわけです。
フワフワに、この起伏のない究極に滑らかな表面に舌が戸惑うんですね。
何だかよく分からない感触だけど、とにかく美味い、と。

オムライス6 
このトマトライスは酸味が効いています。
トマトライスだけ食べれば、少し酸っぱいと思うかもしれません。

ところが、ベーコンとチーズクリームの塩分と合わさると、絶妙なバランスになる。
逆にバターライスだと少しくどく、しょっぱく感じるかもしれません。

黄金のバランスですね!
2個目ですが、夢中でガツガツ食べて光速で完食しました。

元々の幹のオムライスが驚異的なフワフワ感を持っていました。
それがさらに大幅にアップしてくる、革命が継続されている、ほんと凄いと思います。

手間がかかり、技術を要求する製法です。
たとえレシピが漏れ、誰かが真似しても、この玉子液を上手く焼き上げ、キレイにライスを包むことは至難の業でしょう。

オムライス革命に立ち会うことが出来ました。

豆乳オレ 
食後の豆乳オレを飲み終えた頃、ようやく革命の熱気から日常の感覚に戻ることができました。

※シルクは手間がかかるので基本はディナータイムでの提供、混雑していなければランチタイムでも可能、というメニューなのでご注意を。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【過去記事】
オムライスと豆乳のおいしいお店 幹 想定外!!
オムライスと豆乳のおいしいお店 幹@その2 幸せな黄色い冬支度

【オムライスと豆乳のおいしいお店 幹】
大阪市北区与力町4-22 (地図
06-6354-1196

オムライスと豆乳のおいしいお店 幹 オムライス / 扇町駅大阪天満宮駅天満駅
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2612: by オム幹。 on 2012/01/05 at 08:08:03

ご来店ありがとうございました。
ご満足頂けたようでなによりです。シルクは茶碗蒸し並みの水分を含んだ卵液です。高い集中力が必要になるオムライスです。まだまだ誰にも作れません(^^)

2613: by すくわか on 2012/01/05 at 08:30:16

おぉ、早速のレビューですねぇ。
まだまだ研究開発していかれているオムライスにただ驚きです。

2614: by ちょぱ兄 on 2012/01/05 at 08:58:24 (コメント編集)

あのオムライスのフワフワ感がさらに増している・・・想像も出来ません^^;
昼は基本なしですか・・・困りましたorz

2616:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/01/05 at 11:30:16

>オム幹。さん

コメントありがとうございます。

本当に美味しかったです。
ここでしか食べられない、最高の1皿でした。

また、お伺いさせていただきます!

2617:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/01/05 at 11:31:28

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

記事が貯まっていますが、感動したのでだいぶ前倒しで書きました。

ほんと「凄い」としか言いようのない食感です。

2618:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/01/05 at 11:33:00

>ちょぱ兄さん

コメントありがとうございます。

多くの手間と高い集中力が求められますので
ランチで混んでいると難しいですね。

きっと、ハードルをクリアする価値はありますよ!

2619: by カク on 2012/01/05 at 16:33:47

技術と味は必ずしも相乗効果があるとは思いませんが、こちらは
ただもんじゃないカンジがしますね。
夜に天満に行くことがあまりないので、なんとか用事つくって行ってみたいです。

2620:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/01/05 at 17:35:56

>カクさん

技自慢で「そんなんええから旨いもんを・・・」という店はありますよね。
でも、このオムライスはただもんじゃないですわ。

一口目、ちょっとニヤッとしてしまいました。
その瞬間、運よく他に客がおらずで・・・。

2621: by アルティマ on 2012/01/05 at 23:10:40

素早いですね~
シルクになったようですが重いですね~
次回訪問時にシルキーに変えるように提言しておきます

2622:Re: タイトルなし by ま~くん on 2012/01/06 at 05:15:43

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

たまには素早く動けるものでして・・・。
シルキーっていいですねw

▼このエントリーにコメントを残す