サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

焦り丸出しで、もはや哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

こいき @その5 (寿司:四天王寺) 驚きのサーモン

どうも、GOD機関2代目大幹部のキングダークです。

ローテーション入りした「こいき」。
親方も、ツマミも、握りも、十分に個性がある店だ。

つぶ貝 
ツマミは、つぶ貝煮。
甘さ控え目の、シャキッとした甘辛加減が酒に合う。
爪楊枝でほじる際、途中で切れてしまった時の寂しさが何ともつらい・・・。

カワハギ肝和え 
カワハギの肝和え。
しっかりしたコクと甘さを持ちつつ、嫌味の欠片も無いカワハギ肝は魚肝のトップクラスだと思う。

カワハギ肝和えを小鉢でなく、大きな器でザブザブ食べたい、という密かな願望が実はある・・・。

造り 
刺身を少し切ってもらう。
締め鯖の輝きがまぶしいが、今回は青柳の存在感が強い。
後ろに小さい蒸し鮑がオマケで恥ずかしそうに控えている。

青柳 
バカ貝は貝柱が圧倒的に重宝される不思議な貝。
縦の繊維の心地よさと、上品な甘みを持つ小柱は江戸前高額寿司でも、
立派な戦力としてベンチ入りする。

が、身のアオヤギは独特の食感と風味が「品が無い」と蔑まれ、
置かない寿司屋も少なくはない。

私は野趣溢れる香りと強い甘みと、アオヤギの表現しがたい食感も大好きだ。

サヨリ 
握りはサヨリから。
薄塩をして少し締まったサヨリは本当に美味いと思う。
キスよりもサヨリの方がどちらかといえば好きだ。

剣先イカ 
剣先イカ。
藻塩が甘味を引き出すと同時に、イカに少しコクを与えてくれる。

鮑 
蒸し鮑。
こいきの藻塩魔術を最大限に味わえるタネだ。
小さい鮑で、鮑自体の持ち味は弱いはずなのに、これが美味いのだ。

ヅケ 
ヅケ、かなり厚く切りつけている。
厚切りタネは本来好みではなく、トロの厚切りなんて田吾作の所業だと思う。

が、なぜかこの厚切りヅケを嫌いになれない。
いや、むしろちょっと好きになっている。

ヅケ地が浸み込んだしっとり、むっちりの身質、
それを頬張る気持ちよさが、寿司の正統セオリー(?)を覆すことを容認するのか・・・。

サーモン
親方が「珍しいものを」と前置きして、出されたのはサーモンだった。
見るからに脂はたっぷりだが、別に鮭児というわけではない。

なぜ、回転寿司の4番バッターを?
と疑問に感じつつ、口に放り込むと、思わず身をよじりたくなるほど美味くて驚いた。

たっぷり乗った脂の美味さ、鮭本来の滋味がもちろん備わっている。
そこにヅケ地が入り込み、鮭のクセを完全に取り払い、極上の1カンに仕立てあがっていた。

サーモンヅケは巷に転がっていることもあるが、そりゃ一味違いましたよ。
やるねえ、親方!

コハダ 
コハダは容姿淡麗で、塩梅も良し。

青柳 
アオヤギは、刺身醤油ではなく、煮切りが一番合うと実感する。

酒がグラリと効いてきて、この辺りから記憶が曖昧・・・。

海老
車海老だろうか・・・。
大きさ・形といい、縞模様といいクルマではないような、足赤か?

小柱 
小柱。
青柳を褒めたところだが、握りとしての完成度は小柱がやはり圧倒すると感じた。

煮切りとの相性も抜群で、それで引き出される甘味は品があり、そして美味い。
それに、サクッとした食感が心地よく、海苔との相性も素晴らしい。

穴子 
穴子。
関西でも、冷めた焼き穴子がそのまま握られていた時代は、もうだいぶ昔のこと。
煮仕事が定着し、温度にも様々な拘りを見せるようになってきたのは、いいことだと思う。

カワハギ 
カワハギの肝乗せ。
肝が加わった仮面ライダーカワハギの破竹の進撃を我がGOD機関では止められそうにない。

キャベツ巻 
キャベツ巻だったか。

トロ鉄火 
トロ鉄火で締め。

途中で偶然、以前お邪魔した、鉄板酒菜ぶりおのマスターご夫妻が来られ、
大量の酒を交えながら色々話しているうちに、完全に酩酊いたしました。

酒を何杯飲んだか、まったく記憶がございません。

ともかく、お気に入りの一軒です。

--------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【過去記事】
こいき
こいき@その2 贅沢な普段使い
こいき@その3 ローテーション入り
こいき@その4 鮑への片想い

【こいき】
大阪市天王寺区四天王寺1-7-15 (地図
06-6772-0379

こいき 寿司 / 四天王寺前夕陽ケ丘駅恵美須町駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2474: by Mr.8 on 2011/12/16 at 07:28:13

八兵衛の味方サーモン
回るお寿司では欠かせません

2475: by ちょぱ兄 on 2011/12/16 at 09:58:03 (コメント編集)

うぐぐぐ。また旨そうな寿司を(*´Д`*)ハァハァ

2477:Re: タイトルなし by ま~くん on 2011/12/16 at 13:02:46

>8さん

コメントありがとうございます。

このサーモンヅケは美味しかったですよ!

2478:Re: タイトルなし by ま~くん on 2011/12/16 at 13:04:10

>ちょぱ兄さん

コメントありがとうございます。

寿司病ですから、もう食べ続けないと死んでしまうのかも・・・。

2480: by ぶりおマスター on 2011/12/16 at 14:17:17

私のブログのコメント機能トラブルで返信ができない状態ですいません。

返信せずにこちらにコメントしてすんません。



こいき、気に入りすぎてあれから3週連続で訪問しました。

エエお店ですよ。


デューク東郷さんと一度、最初から鮨をご一緒したいです。

年明けにマジでいきませんか?

ガチでよろしくお願いします。


ガルマン・ガミラス帝国デスラー総統閣下の鮨ブログが大好きです。

鉄板で肉ばっかり焼いてますが肉よりお魚。

鮨が一番好きです。


黒足のサンジさん、これからもよろしくお願いします。

2481:Re: タイトルなし by ま~くん on 2011/12/17 at 13:13:48

>ぶりおマスターさん

コメントありがとうございます。

先日、入るなり、こいきの親方から聞きました。

ぜひ、鮨ご一緒しましょう。
マスターおすすめの店に行ってみたいです。

2482: by カク on 2011/12/17 at 14:52:09

カテゴリーではラーメンと鮨が抜けてますが、そのうち鮨がトップになるのかなw体に気をつけてねww

2483:Re: タイトルなし by ま~くん on 2011/12/17 at 16:35:52

>カクさん

コメントありがとうございます。

寿司が猛追していますが、ラーメンもよく食べるので、
追いつくことはなさそうです・・・。

そろそろ、身体が悲鳴上げるかな・・・。

▼このエントリーにコメントを残す