サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

天丼屋 平右衛門 (天丼:高槻道鵜町) 高槻奥地に桃源郷を発見せり!

どうも、川口浩探検隊隊長の川口浩です。

ユカタン半島奥地で原始恐竜魚ガーギラスを追った疲れを癒すため、
平日休みに美味いランチを、と思いついたわけです。

外観
店は迷うことなく、決めてありました。
この方が惚れこんでいる「天丼屋 天ぷら 平右衛門」です。

阪急上牧駅が最寄り駅とのこと、併走する新幹線でテンション高めつつ、
下車してトボトボ歩いたわけですよ。

まさか、30分かかるとは思いませんでした、帰りどうしようかな・・・。

店内 
掃除の行き届いた店内です。
あまり好みでないので撮りませんでしたが、厨房の手入れも素晴らしいです。

メニュー 
注文も決めてあります、迷うことはありません。

ビール 
ビール(400円)。
だいぶ歩いて暑くなってしまったので、この一杯はたまりまへんなあ!

いやね、会社ではみんな働いててね、申し訳ないなあと罪悪感もありますよ。
でも、メシ前の30分移動は、パラワン島で原始猿人バーゴンを追っかけた時ぐらい疲れたので勘弁してください。

ビールを飲み終えたタイミングで天丼が完成しました。
まあ、そのタイミングを計って飲んでいたんですけど・・・。

秋の特撰天とじ丼 
秋の特撰天とじ丼(1,300円)。
見た目華やかな天丼の奥に、赤出汁が隠れています。

天ぷらは、海老1尾、海老の松茸蓑揚げ1尾、白身魚、穴子、茄子、エノキ、松茸の7種と充実しています。

タレと漬物とか 
塩が振られているので「まずはそのまま」と勧められます。
薄いと思った人は真中の「天丼のタレ」を掛けると良いそうです。

エノキ 
まず、目を引くのは満開の花のようなエノキ。
どう食べたらいいか一瞬躊躇しましたが、とにかくかぶりついてみましょう。

うぉ、美味い!

パリパリ寄りのサクサク食感(意味不明・・・)の後に、良い香りが口中に広がります。
エノキってこんなに美味かったっけ?としばし自問自答・・・。

素材そのものより、衣の調製、油のコンディション、揚げ技の相乗効果なんでしょうね、掛け値なしに美味いです。

茄子 
”エノキの花”の裏側にそびえ立つ茄子の絶壁。
いやあ、これも素晴らしい揚げ上がり。
あくまで軽く、それでいてしっかり揚がっていて、ほんまに美味いですねえ。

美味い美味いといいつつ、、違和感を感じて少し書いたこの店の天ぷら。
揚げ技術の差なんでしょうね、天ぷら経験値の低さを痛感しました。

天ぷらに関して、ヒノキの棒を持って、アリアハン城を出たとこぐらいの私ですが、この大将の揚げ技術は相当なものではないでしょうか。直感でそう捉えました。

みの揚げなど 
分かりにくいですが、中央に海老の松茸蓑揚げがあります。
もう少し良いアングルで撮りたいところですが、寿司と同じく秒単位で味が落ちていく恐怖に勝てず、適当な撮影で片付けてしまいました。

蓑揚げは、サツマイモの千切りなどをよく見かけます。
形状的にはそれが正統なのでしょうが、薄切り松茸の蓑をまとった海老はそれはそれは松茸の風味が抜群で、それに食感がケンカせず、しっくり良い関係になってるんですよねえ。

白身魚、穴子とも文句の付け所がなく、圧巻の天ぷら達です。

「どこが天とじ丼なんだ?」と言いたくなってきますよね?

玉子とじ 
圧巻の天ぷら達の下が、玉子とじになっているわけです。
決してスターを支える”縁の下の力持ち”ではないんですよ、彼らもスターの仲間なんです。

松茸ゴロゴロ 
とじの中には松茸がゴロゴロ。
丼全体を松茸の風味が包み込んでいるわけです。

とじの海老 
海老のもう1尾はとじの中に潜んでいます。
つゆと玉子をまとった海老がこれまた美味いんです。

つゆ自体美味いですし、量が多すぎないのもいいです。
台のご飯自体美味いですし、つゆ、そして刻み海苔の量が程よく、とてもバランスが良いです。

サクサクの美味い天ぷら。
つゆの染みたとじの美味い天ぷら。
それらをまったくケンカさせず、両立させた素晴らしい天丼。
そして、秋の味覚・松茸。

この1,300円は値打ちあります。
遠かったですが、行って良かったと思いました。

唯一にして最大の欠点は「遠いこと」。
梅田か、難波あたりに移転してくれんもんでしょうか・・・。

さて、店を出てまた30分歩かないといけないのかと途方に暮れていたら、店を出たすぐのところにバス停がありました。

JR高槻・阪急高槻市駅から直通する市バス、帰りはスイーッと阪急高槻市駅へ。
ちゃんと調べてくれば、良かったよ・・・。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【天丼屋 天ぷら 平右衛門】
大阪府高槻市道鵜町2-18-5 (地図
072-669-1267

天丼 平右衛門 天丼・天重 / 上牧駅樟葉駅
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2124: by アルティマ on 2011/10/06 at 02:29:20

ありがとうございます♪とても嬉しいです!
使っている野菜は近隣の農家から直接購入しています
ですので野菜のクオリティは良いですね~
この単価ですから海老は少し落ちますね
運良く良い仕入れにあたると芯が半生の美味しいのにあたります
ここの大将の真面目っぷりはただごとではないです
そのあたりが私のツボなんですよね~!

2125: by on 2011/10/06 at 07:28:48

エノキの花に圧倒されますね
経験値はかなり低い八兵衛ですが
奥の深さを感じます

2126:Re: タイトルなし by ま~くん on 2011/10/06 at 09:37:12

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

店頭に野菜を並べて売っていたような・・・。
松茸に目を奪われがちでしたが、茄子もかなり美味しく。

近く、土曜通常があれば、とだけ勝手に思います。

2127:Re: タイトルなし by ま~くん on 2011/10/06 at 09:37:55

>8さん

コメントありがとうございます。

エノキの花は見栄えもいいですが、味もいいです!
行きにくいですが、素晴らしい店でした。

▼このエントリーにコメントを残す