サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

鮓 きずな @その8 (寿司:京橋) 出世の階段

どうも、伝説の海兵こと海軍本部中将のモンキー・D・ガープです。 

またまた、京橋の「鮓 きずな」へ。
7月末の熟成レビュー・・・。

突き出し 
突き出しは、鳴門産のトコブシと秋田のジュンサイ。

この冷製突き出しはたまりません。
トコブシ、ジュンサイとも香りが素晴らしく、それぞれ心地よい食感。
で、美味い。

明石鯛 
まだ揚がっていた明石鯛、当日の12時に神経を抜いたもの。

いつもは熟成の美味さを味わい、今回は鮮度寄り。
当然凄い弾力で、そして腹身は驚くべき脂を持っています。
でも、養殖とはやはり違う脂であって、しっかり味もある。

鯛ってやっぱり美味いなあ・・・。

アマテガレイ 
アマテガレイの食べ比べ。
置くが淡路由良産の1日寝かし、左が明石産1日寝かし、右が明石産当日締め。

旨味の強さは由良がベスト。
三者三様の旨味、脂、歯ごたえで、楽しくて仕方がありません。
こんな分不相応な道楽をしていると、センゴク元帥に怒られてしまいそうです・・・。

ベラ 
これは珍しい、明石産のベラ。
漁獲量が減ってきて、そのうち食べられなくなるかもしれないとのこと。
鯛やカレイに比べて、淡白でサラッとした味わいです。

マグロ 
奥が北海道噴火湾(内浦湾)の本マグロ、手前がインドマグロ。

噴火湾は時期もあって香りは少し弱いですが、大トロというべき脂の乗り。
インドマグロは、ミナミマグロらしいきめ細かい身質で美味いですねえ~。

蛸 
明石蛸の塩茹で。

蛸頭 
ミシッと詰まった頭。
ぶわっはっはっは、好物のせんべいより美味いわ、こりゃ。

蛸煮 
蛸の柔らか煮。

平鯵 
明石産の平鯵。

胡麻鯖 
同じく胡麻鯖、これは前回のほうがずっと美味かったですね。

太刀魚 
太刀魚塩焼き。
分かりにくいですが、奥が千葉竹岡産、手前が長崎五島列島産。
ともに、1本釣りの1.8キロ物だそうです。

脂の乗りは五島列島、身のしっとり加減・旨味の濃さは竹岡。
どっちも美味いし、今日はこの食べ比べが楽しくて仕方がありません。

ミルガイ 
淡路産の本ミル貝。
香りは若干弱い気がしますが、甘みと歯ごたえでミル貝の醍醐味を堪能できました。

黒鮑 
鳴門産の黒鮑。
磯の香りは少々おとなしめ、ゴリゴリ固いかと思いきや結構柔らかい。

川津海老
川津海老。
丸かじりで香ばしさ、味濃さ、味噌のコクを一気に満喫できます。
通い始めて1年を過ぎたことを実感・・・。

ミルガイ塩焼 
ミル貝ヒモとワタの塩焼き。
酒のアテに割といいな、という感じですね。

やはり旨味は刺身や握りに使う水管が圧倒的。
超高級なくせに、なんて歩留まりの悪い貝でしょう。

鮑肝醤油煮 
黒鮑の肝を煮てみました。
醤油強めの出汁でサッと、肝のコクも素晴らしく、これは酒が進みます。

ツマミを凄い食べたな・・・。

アコウ 
握りはアコウから、1.9キロ物の1日寝かせ。
グリグリの歯ごたえは残りつつ、旨味とコクのジュースがしっかり。
アホな言い方しますが、超絶の美味さでした。

茶碗蒸し 
穴子たっぷりの茶碗蒸し、梅も効いてます。

シンコ 
熊本天草産のシンコ、5枚づけです。
季節の粋というか、はかなさを楽しむタネですねえ。
もう少しだけ塩が効いたほうが美味いかなあ・・・。

ヅケ 
インドマグロのヅケ。
身がきめ細かい分、しっとり感があって美味いですね。

小鯵 
島根産の小鯵。
軽い締め加減が美味いです、うん。

カレイエンガワ 
明石アマテガレイのエンガワ、肝乗せ。

これはたまらん!今日イチかな。
カレイのエンガワには青臭さがあると思ってましたが、ないですねえ。
歯を押し返す強烈な弾力と強い甘み、平目に比べて脂の旨味が弱いのを肝が補う。
BI砲、ザ・ファンクス、ハンセン・ブロディ、武藤・馳、蝶野・天山などなどを凌ぐ最高のタッグです!

いいのかなあ、こんな贅沢して・・・。
贅沢に見合う仕事しているかなあ、普段・・・。
ふと、そんなことも考えたり。

金目鯛 
銚子産金目鯛の昆布締め。
とろけるような脂の乗り、くどくないよう昆布がサッと締める。素晴らしい。

のどぐろ昆布締め 
静岡産のどぐろ昆布締め。
問答無用の高級魚、で美味い、でもね今回は金目鯛の勝ち。

ハイレベルな勝負に厳しいジャッジを下す贅沢・・・。

イワシ 
銚子産の中葉イワシ、香りが素晴らしいです。
前週に訪問していると最高の大葉があったらしいっす。残念・・・。

蒸し鮑 
蒸し鮑は鳴門黒鮑の雌貝。
蒸し方に工夫があるんでしょうね、ここのは独特のいい香りがします。

ハリイカ 
淡路のハリイカ、1日寝かし。
ハリイカ(スミイカ)らしい歯切れの良さを残しつつ、存分に甘みを引き出しています。

車海老 
天草の車海老を半生で、はい美味い。

利尻海胆 
北海道利尻産の塩水海胆。 
いいですよ、香り高く、甘み強く、でコクがある。
海胆の口どけとシャリのほどけとのバランスもいい、美味いなあ。

赤海胆 
長崎壱岐産の赤海胆。
先ほど利尻をベタ褒めしましたが、それを凌駕してきました。

ひたすら美味い、それだけ。

穴子 
明石穴子。
柔らかい煮上がりだけでなく、どこかで弾力も残してある煮方。
煮穴子は脂と煮汁と詰めの味に支配されそうですが、さすが明石は身の持ち味が強い。

きずなで食べた穴子ではベストかな。

車海老頭 
車海老の頭を塩焼きで。

ネギトロ 
ネギトロ。
贅沢にトロを叩いて、白ネギとパリパリの海苔。
美味くないはずがないわなあ。

玉子  
玉子焼き。
鯛と車海老のすり身によるカステラ玉子。
ちょうどヘタが出たのでもらいましたが、甘さがさらに強く、本当にカステラ。

うん、ウチの社長より贅沢してると思う。
少なくとも自腹では、ね。

だから、ワシは会長!
出世の階段を駆け登ってやったわい。

さて、酒は瓶ビール1、焼酎水割り1、焼酎ロック1、冷酒1合、冷酒グラス2かな。
締めて1万3,000円。

満足度は高く、値段はお安い、最高です。
親方の気遣いも素晴らしいですしね。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【過去記事】
鮓 きずな@前編(寿司:京橋)
鮓 きずな@後編(寿司:京橋)
鮓 きずな@その2 白身の旨さはどこまでも深い
鮓 きずな@その3 純情生一本の満足感
鮓 きずな@その4 光り物の輝きに魅了される
鮓 きずな@その5 至福の時間
鮓 きずな@その6 鯛の力
鮓 きずな@その7 白身王国万歳

【鮓 きずな】
大阪市都島区都島南通2-4-9 藤美ハイツ1F (地図)
06-6922-5533

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1980: by on 2011/09/09 at 07:39:58 (コメント編集)

食べ比べは最高の贅沢ですね
比較すると双方の味を再確認できます
どちらにも値打ちがないとできませんね

きずなの画像は減量中の身には毒です
挫折します

1981:Re: タイトルなし by ま~くん on 2011/09/09 at 07:53:22

>8さん

コメントありがとうございます。

カレイ、太刀魚、マグロ。
本当に贅沢で、美味しい楽しい時間でした。

私も書いていて行きたくなりました。

1982: by アルティマ on 2011/09/09 at 09:08:25

会心のレポですねぇ~
良いことありました?
イキイキと美味しそうなのが伝わってきました!

1983: by ちょぱ兄 on 2011/09/09 at 09:22:42 (コメント編集)

きずな行きたいっす(泣)
白身の食べ比べしたいっす(号泣)

1985: by カク on 2011/09/10 at 08:20:39

えらい種類の多い店ですね。
今回メモ取りました?w

1986:Re: タイトルなし by ま~くん on 2011/09/10 at 23:52:35

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

良いことはとくにないです・・・(泣)。
思い出しながら書いていて妙にテンションが上がったのかもしれません。

1987:Re: タイトルなし by ま~くん on 2011/09/10 at 23:53:19

>ちょぱ兄さん

コメントありがとうございます。

我が「きずな史」の中でも満足度最高レベルの訪問でした。
また行きたいっす!

1988:Re: タイトルなし by ま~くん on 2011/09/10 at 23:54:39

>カクさん

コメントありがとうございます。

今回はiPhoneに打ち込みました。
白身が多いと写真だけだと分からなくなることもありますので。

▼このエントリーにコメントを残す