FC2ブログ

野菜物語せろり (洋食:南船場)

どうも、蜀漢の昭烈皇帝・劉備玄徳です。
関羽雲長、張飛益徳とともに、南船場の「野菜物語せろり」へ。

外観 
何年ぶりでしょうか。
職場の移転前はちょくちょくランチで通っていた店。
ビストロとも、洋食とも言いがたい、創作欧風料理というか、なんちゅうか・・・。

黒板メニュー 
多くの人が「本日のデリカ(日替ランチ)を注文しますが、
我ら桃園で誓った義兄弟はそんなもの眼中にありません。

だって、野菜中心だもの・・・。
牛、豚、鶏、魚の食材と調理法を選ぶ定番ランチにしか目が行きませぬ。

スープ 
スープは濃い目のオニオンコンソメ、悪くはありません。

豚タンペッパー煮
前菜?の豚タンペッパー煮。
スモークされた豚タンの舌触り、歯ごたえがよく、野菜が主役のソースもいいですね。

ワインでも何でも酒ください。
あ、昼休みのランチだった・・・。

鶏の黒胡椒ソース 
劉備は鶏の黒胡椒焼をチョイス。
黒胡椒はこれで少なめ、デフォルトだとえらいことになります。

口中がカーッと一瞬ホットになりますが、不思議と美味いんですね、これ。

豚のトマトソース 
関羽は、豚ロースのトマトソース煮?
なかなかに美味い豚肉です。

白身魚のムニエル 
張飛は白身魚のムニエル。
昔より表面をサクッとしていますね、美味いです。

バターの風味よりも、かすかに酸味が勝つタイプ。
これはバルサミコかなあ・・・。

桃園義兄弟の三皿。
これをシェアするんですわ、ランチ1食で鶏、豚、魚を満喫できます。

ライス 
ライスは16穀枚。
雑穀のプチプチ感が心地いいです。

塩 
この16穀米にアンデスかどこかの粗塩をパラリと。
これが美味いんです!

劉備が唯一ランチでご飯お代わりする店。
なお、お代わりは無料です。

スープ、前菜、メイン皿、16穀米に、コーヒーがついて1,000円。
結構お値打ちなランチだと思いますね。

有名店レストラン艸葉の斜向かいぐらいに店はありますが、
劉備はあのクセのある接客が苦手なので、迷わずこちらを選びます。

--------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【野菜物語せろり】
大阪市中央区北久宝寺町1-5-8 (地図
06-4705-0121

野菜物語せろり 創作料理 / 堺筋本町駅松屋町駅長堀橋駅

スポンサーサイト