FC2ブログ

カドヤ食堂 @その2 (ラーメン:西長堀) 

どうも、黒ひげ海賊団船長のマーシャル・D・ティーチです。

なぜかほろ酔い状態で西長堀をフラフラしていた日。
そして、行列がなくすぐ入れる状態だった「カドヤ食堂」に再訪。

前回訪問
 ・調理、サーブの遅さ
 ・茹で過ぎとしか思えない柔らかい麺
 ・煮干の苦味が出て、醤油辛さを増すスープ
 ・製麺室に籠もり切りで常連発見時のみ挨拶に出る店主の姿勢
を理由に思いっきり辛口レビューさせていただいた店。

メニュー 
素材自慢の高級ラーメンです。

店主は不在のようでした。
調理にほぼ関わりませんから、オペレーションに影響は出ないでしょうが・・・。

煮干醤油そば 
煮干醤油そば(880円)を注文。

ちょっとびっくりしましたね。
気が狂うほど遅かった調理・サーブを体験した、同じ店とは思えません。

本来、「普通のオペレーション」が実現できたに過ぎないことなので、
特筆大書することではありませんが、注文してしばしメニュー眺めて、
ザーサイ齧っていたら「お待たせしました」なんて、前回のレベルとは桁違いなのでつい・・・。

煮干の風味が強いうえ、醤油もしっかり主張するスープ。
煮干の苦さ、酸味の発生は上手く抑制されていると思います。
先日食べた群青の煮干そばより一枚上の味わいです。

ただ、あちらは麺てんこ盛りで700円。
180円高いのであれば、もう一段深みや広がりは欲しいところですね。
少し平板に感じるスープです。

チャーシュー 
高額になる一因でしょうが、たしかに美味いチャーシューです。

麺
麺は平打ちタイプです。
前回のフニャフニャ麺とは違いますね、しっかりと弾力があります。

たしか、ここは「ラーメンの鬼」とやらの系譜を引く店のはず。
悪くはありませんが、絶賛するほどの麺でもないと思いますねえ。

自家製でなくても、ええ製麺所の特注麺で美味いのはたくさんありますし、
麺のレベルが全般上がった昨今、名を馳せたこの「佐野鬼」系麺も「普通に美味い」ぐらいの感じでしょうかね。

トッピングチャーシュー 
おかしくなっていたのか、限定黒豚焼豚トッピング(580円)も注文してたり・・・。

トッピングチャーシュー 
トロトロではないが、肉質は柔らかい。
肉質は柔らかいが、しっかり歯ごたえがある、で口どけもいい。
ええ、美味いです。

ラーメンとチャーシュートッピングで1,460円。
酔った勢いってコワいですね。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【過去記事】
カドヤ食堂 鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス

【カドヤ食堂】
大阪市西区新町4-16-13 (地図
06-6535-3633

スポンサーサイト