サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

鮨 仙太 (寿司:京都四条)

どうも、神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世です。
カノッサ城に赴いて贖罪するなどという屈辱には耐えられぬ。すぐに大軍を派遣して、教皇グレゴリウス7世を包囲し、訣別するのが余の決断である!
 
外観 
京都での仕事の帰り、評判の高い「鮨 仙太」へ。
祇園の「鮨まつもと」に興味津々でしたが、余の飲み食べっぷりでは、いくらになるか正直コワいので・・・。

生ビール
京都の夏は暑いっす。
とりあえず、ビールください。

若い親方の人懐っこい笑顔が印象的です。
ただ愛想が良いというのではなく、芯がしっかりしているというか、良い意味でちょっと曲者というオーラを持ってますね。

突き出し 
突き出しは、子持ち昆布の葉わさび和え。

さて、ここからが分水嶺。
分不相応にツマミから派手にいくか、握りをサッと食べて帰るか。

焼酎
とりあえず焼酎ロックください。

刺身 
は~い、豪遊コースご注文!
造りは、金目鯛炙り、キス炙り、タイラギ炙り、イワシの胡瓜巻き、平目昆布締め。

金目鯛、イワシとも素晴らしい脂の乗り。
それ以上に満足したのが、金目鯛、キス、タイラギの炙り3種の塩加減。
それに、平目の締め具合も良かったですねえ。

酒 
酒ください。

「こいつは食うぞ」と親方に認識いただいたのでしょうか。
もう握りでもいいかと思いましたが、「焼き物いかがですか?」と笑顔で・・・。

焼き物 
マグロホホ肉、蛸、子鮎。
ホホ肉はイマイチでしたが、味濃い蛸が美味かったですねえ。

ホッキ貝 
続いて、ホッキ貝の醤油焼き。

焼き茄子 
焼き茄子。

そろそろ握ってください。

玉子 
すると、玉子焼と生カラスミが出てきました。

すり身を使わず出汁のみの玉ですが、これが妙に美味い・・・。
生カラスミ、干したカラスミのネットリしたコクと旨味がないぶん、
プチプチとした歯ざわりと爽やかな香りで、これはこれで酒が進みます。

トロ 
握りは中トロから。
きめ細かい舌触りでなかなか美味いですね。

親方は川崎生まれで、明朗会計を世に広めた「築地寿司清」の出身。
ですが、京都に合わせているのかシャリは少々柔らかめの、甘め。
うん、寿司清もこんな感じやったかな・・・。

鯛 
鯛は少し炙って。
余は、真鯛は湯霜にしても、炙る必要はないと思うんですよねえ・・・。

イワシ 
イワシ。
ツマミでも思いましたが、まさにトロける脂で美味いですわ。

白海老 
白海老。

海胆 
海胆。

シャンパン 
なぜかトチ狂ってシャンパンなんぞを頼んでしまいました・・・。
ま、教皇の叙任権とはっきり訣別した祝杯として許しておきましょう。

胡瓜 
小休止?で出てきた胡瓜の甘辛い漬物?
寿司の合間に別に欲しくはないですが、味としては買って帰りたいぐらいで。

鮎の混ぜ飯 
鮎の混ぜ飯。
変化球を投げ込んできたなという感じですが、夢中で食べたな、これ。

でも、シャンパンには絶望的に合わん・・・。
なんで、日本酒からシャンパンに切り替えたのか、未だに理解できません・・・。
なんか病んでるのかもしれませんなあ。

鳥貝 
生鳥貝。
一昔前の余なら「生」ってだけで小躍りしていましたが、
最近は食べまくっていますので、生というだけでは心が動かなくなりました。

食感は良かったんですが、甘みと香りが少し弱いですねえ。

鰻 
鰻。
寿司屋で鰻食べるの久しぶり、やっぱり余は穴子が好きだと再確認。

海胆2 
産地は忘れましたが、塩水海胆です。
明礬固めではないため柔らかさはありますが、甘みとコクにちょい乏しいです。
塩水に負けてしまって、ちょっとしょっぱい感じになってしまっています。

味噌汁 
味噌汁が出て、お任せは終了。

鉄火巻 
追加で鉄火巻をば。

親方、女将の愛想も良く、とても寛げる店です。

ただ、抜けている酒があるかもしれませんが、17,000円はちょっとお高いですねえ。

この値段なら、大阪で質・量とも満足度が上回る店は色々ありますから。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【鮨 仙太】 
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 (地図
075-351-2225

鮨 仙太 寿司 / 四条駅(京都市営)烏丸駅五条駅(京都市営)

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1770: by アルティマ on 2011/08/05 at 06:47:41

生カラスミは好みです
普通のカラスミとは別物ですが
酒をなめるにはちょうど良いですね

1771: by すくわか on 2011/08/05 at 10:01:51

シャンパンの分、高くなりましたね。
結構変化球が多い印象です。

1772: by カク on 2011/08/05 at 17:45:33

豪遊ですねえ。シャンパンとはびっくりです。
カメラも直りましたので鮨でも食いてェなあw

1773: by on 2011/08/05 at 18:08:09 (コメント編集)

鮎の混ぜご飯に食欲を刺激され
生からすみに興味津々
お寿司の画像にくぎ付け
シャンパンに舌なめずり

1774:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2011/08/06 at 04:52:30

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

生カラスミは初体験でしたが、これなめて酒飲んで、美味しいですね!

1775:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2011/08/06 at 04:53:50

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

変化球が多いので私も変な構えで打ったのかも・・・。
なぜ寿司屋でシャンパンを頼んだのか、未だに謎です。

1776:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2011/08/06 at 04:55:02

>カクさん

コメントありがとうございます。

ほんと分不相応です。
京都で寿司食べてシャンパンなんて。

しかし、寿司レビュー書くとまた食べたくなります・・・。

1777:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2011/08/06 at 04:56:05

>8さん

コメントありがとうございます。

鮎の混ぜ飯、ほんと変化球でしたが美味しかったですね。

人気があるのは理解できる店でした。

▼このエントリーにコメントを残す