サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

味処 釜匠 (居酒屋:天六) 極上の酒と料理、そして居心地

どうも、世界政府海軍本部大将の青雉ことクザンです。

食べログで大阪の居酒屋部門で1位に浮上したお店。
とても気になりますので、親友のハグワール・D・サウロと訪問しました。

外観 
店構えはごく普通の居酒屋です。
カウンター6席と、4人用の小上がりだけの小さな店。

生ビール  
だからこそ、何も考えずに「とりあえず生」と言ってしまいます。

料理は予約時に勧められた、4,500円のおまかせコースを選びました。
料理4品、天ぷら5種、釜飯のコースです。

日本酒メニュー 
あららら。
日本酒メニューを見た途端、武装色の覇気を感じ取りました。

おれの知識・経験不足だけかもしれませんが、有名ブランドだけではなく、こだわりを持った酒屋とタッグを組んで、名だけに捉われず、料理に合う旨い酒を選んだという気迫を感じたのです。

覇気を警戒するおれに気づいたのか、大将は「大したものはでませんよ」と笑顔。
「いい店に当った」予感は確信に変わります。

胡麻豆腐 
まずは、吉野本葛で作った胡麻豆腐。 

濃厚・クリーミーにして雑味のない胡麻豆腐。
出汁餡も緩すぎず、濃すぎず、丁寧な仕事です。もちろん、旨い。

鱧落とし 
徳島産鱧の落とし。
時期のため、まだ皮はわずかに固いですが、身の旨味は素晴らしいです。

キレイに花開き、骨切り仕事もたしかなものでしょう。
脂も乗ってきました、いよいよ鱧の旨い季節の到来ですねえ。

奴奈姫 
酒は大将のチョイスに従います。
まずは、新潟の奴奈姫純米吟醸。
なめらかすっきり、そしてコクがある、おお旨い。

アイナメ焼霜造り 
アイナメの焼き霜造り。
皮を炙ることで、皮と身の間の旨さが昇華しますね。
かなり厚めに引いてますが、それが野暮ったいのではなく、噛み締める旨さをもたらしました。

おりがらみ おりがらみ2
龍勢 生もと おりがらみ 特別純米 生酒。
何と表現したらいいんでしょう、口の中にフワーッと旨さが広がって昇天しそうになる心地よさは!

なんぼでも飲んでとんでもないことになる予感・・・。
サクッとネットで検索してみると、ブログなどで見かける伊丹の日ノ出という有名な酒屋さんプロデュースの酒なんですね。

アスパラ 
北海道産のアスパラガス
かかっているのは粒マスタードのソースですかね。

この太いアスパラは青臭さなどはなく、実に爽やかな香りがあって、妙な表現ですが、噛むとジュースが溢れてきます。それがソースとマッチしてまた旨いんです。

冷野菜 
冷野菜のもろこしなんとか。
とうもろこしのスープ?すり流し?と野菜の組み合わせ。

とうもろこしのすり流しが旨いのよ!
とうもろこしの甘さや香りを生かしつつ、過度に主張させず、うま~く冬瓜や南京、トマトなんかと合わせています。野菜の旨さがたまらないんですが、隠れキャラの煮蛸もしっかり旨い。

磯自慢 
お酒は磯自慢純米吟醸(静岡)に。
ほんま、ちょっと抑えとかんと・・・。

天出汁 
そろそろ天ぷらのお時間です。
天出汁、フランス産の塩、鬼おろしが用意されます。

この天出汁を一舐めしてみると、鰹が効いてかなり旨い。
良い蕎麦屋のつゆと重なったのでそれを告げると、大将は笑顔に。
良かった、頓珍漢な感想ではなかったようだ。

穴子天ぷら
まずは、対馬産穴子の天ぷら。
たっぷりの脂と旨味を持った穴子ですねえ、この天出汁とよく合います、旨い。

箕面地ビール 
日本酒を飲み続けると寝落ちしそうなので、気になっていた箕面ビールにチェンジ。
ペールエールというらしいですが、香りがとても良いビールですね。

玉ねぎ天ぷら 
淡路産玉ねぎ。
矛盾するようですが、ホクホク感とシャキシャキ感が同居し、甘みが押し寄せる、旨いですねえ。

ただ、穴子、玉ねぎとも薄皮1枚のような感じが舌に残ったのは気のせいかな・・・。

剣先イカ天ぷら 
長崎産剣先イカ。
塩で食べるとたまりません。で、この塩自体もだいぶ旨い。

南瓜とオクラ天ぷら 
南瓜とオクラ。

焼酎 
芋焼酎・屋久の石楠花をロックで。

とうもろこしとゴーヤのかき揚げ 
とうもろこしとゴーヤのかき揚げ。
甘さと苦さの同居、そこへ溶けたバターのコク、これ旨いなあ!

サウロとオハラやバスターコールについて色々語るつもりだったのですが、食べることに夢中で結構会話が途切れました。

釜 
さあ、釜飯が炊き上がりました。
2人で1つの釜、シェアするとお茶碗1.5杯強というところでしょうか。

釜飯 
本日の釜飯は、阿波尾鶏とアサリです。
いい香りがプンと漂います。

釜飯2 
ご飯はしっとりモチモチ系、好みです。
鶏のコク、アサリの旨味をしっかり吸収していますね、旨いですねえ。

結構食べて飲んでいるのですが、おれもサウロも一瞬で食べましたね。

水茄子 
水茄子の浅漬けもしっかり旨いです。

味噌汁 
今日は味噌汁は鱧と青ネギ。
白味噌ですね、本当に旨い味噌汁です。
過度に甘くなく、いい出汁と絶妙のバランスで合わせていると思いますね。

瑞冠 
広島の瑞冠という純米吟醸酒で、今日の余韻を味わいました。

こだわりの酒と料理を堪能しつつ、肩肘張らず落ち着ける店。
とてもフレンドリーな大将と女将は、愛想がいいだけでなく酒盃の空など客のウォッチにも抜かりは一切ありません。

4,500円のコースに、これだけ飲み散らかして1人9,000円弱。
日本酒付きの完全お任せコース(6,500円、7,000円)を最初から注文すれば、もっと値段を抑えられるでしょう。

いい店に出会いました。
予約が取りづらくなりそうですが、ちょくちょく通いたいですね。

----------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ 

【味処 釜匠】
大阪市北区長柄中1-3-13 (地図
06-6353-7811

釜匠 釜飯 / 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1438: by アルティマ on 2011/06/07 at 00:46:06

釜匠は良いお店ですねー
このタイプの店はすぐ行かなくなります
酒も料理も美味しいのですが
予約が必要というのがどうも…

1439:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2011/06/07 at 01:44:16

>アルティマさん

コメントありがとうございます。

本当に良いお店でした。

そうなんですよね・・・。
寿司屋にしてもそうですが、その日の気分でフラッと行くが難しくなるんですよね・・・。

1440: by さいちゃん on 2011/06/07 at 10:12:23

釜匠さん、大人気ですよね。
ここの大将は仕入から気合い入れて、本気で取り組んでいらっしゃるようですね。
これからまだまだ進歩されると思いますよ(^^)

1441:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2011/06/07 at 11:50:12

>さいちゃんさん

コメントありがとうございます。

酒も魚も野菜も気合が入った仕入れ、料理ですよねえ。
通いつめたくなる店です。
ぜいたくですが、フラッと寄れる感じであればなあと・・・。

1443: by カク on 2011/06/07 at 14:21:53

ええお店ですねえ。行ってみたいです。
天ぷらは海老が食べたいなあ。すりながしもヨサゲw

1445:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2011/06/07 at 16:27:41

>カクさん

コメントありがとうございます。

コースに入ってない天種も後で腹と懐に余裕あれば追加なんぞも。

すり流しも美味しかったですね。
季節変わると、またガラッと変わりそうで楽しみな店です。

▼このエントリーにコメントを残す