FC2ブログ

松寿司 @その17 (寿司:阿倍野) この道楽はやめられぬ

どうも、姫路藩主・榊原式部大輔政岑です。

いつもの松寿司。

付き出し 
付き出しは、白魚のみぞれ和え。
白魚自体も好きですが、ポン酢が旨いなあ。

ヨコワのたたき 
ポン酢を使うツマミを、ということでヨコワのたたき。
ビールを一気に片付け、ぬる燗ください。

自家製からすみ 
自家製のからすみ。
しっかり脂の乗った卵巣、そして塩加減がほど良く、パサパサにならない干し具合、完全に好みに合致しました。

からすみでぬる燗・・・。
安っぽい言葉を使いますが「日本人に生まれて良かった」と本当に実感できますね。

トロ皮ポン酢 
トロ皮をサッと焼いてポン酢で。

イワシ 
握りはイワシから。
血合が美しいですね。そして、旨いっす。

カワハギ 
定番のカワハギ。
カワハギは肝がなければ、江戸城の詰間を格下げされてしまうのかな、と考えてみたり・・・。

シマアジ 
シマアジ。
さっぱりとした脂の軽い甘味を感じます。旨い。

セコガニ 
セコガニ。
香り良く、しっかりした甘さの身肉に、絡まる外子のプチプチ感、たまりませんなあ。

トロ 
トロ。
見た目は筋が強そうですが、舌に当ってもすぐに溶けまったく問題はありません。旨いトロです。

鯖 
締め鯖。
寒鯖らしいたっぷりとした脂、絶妙の締め加減。ああ、旨い!

でんすけ穴子 
生のでんすけ穴子。
食感と味がちょっと平目のエンガワに似てるかなあ。

白海老海胆乗せ 
白海老の海胆乗せ。
この組み合わせいいですねえ。白海老のネットリとした食感と軽い甘味に、海胆の濃厚な甘さを若干プラスするのが。

ヅケ 
今回のヅケはインドマグロの天身。
赤身の中で筋の無いきめ細かやな部分。そこに、いつものトロヅケより少し濃い目(だと思われる)ヅケ地が染みこんで・・・ごっつう旨いです。

活車海老 
車海老
活きたまま茹で、人肌まで冷まして。濃厚な甘味、強い香り、最高です。

蒸し鮑 
蒸し鮑。

牡蠣 
牡蠣。

煮穴子 
とろける煮穴子。

水蛸 
水蛸。
水蛸は真蛸より大味のイメージを持っていましたが、なんのなんの。味濃い旨い蛸でした。

ブリトロ 
どうしても食べたくなったので、ブリトロで締めました。

徳川四天王の1人、榊原康政を祖とする名門譜代大名、榊原家の8代当主・榊原政岑は、8代将軍・徳川吉宗が発した倹約令を無視し、吉原通いの道楽を続け、強制隠居のうえ、播磨・姫路から越後・高田への懲罰的転封を言い渡されましたが、拙者にとって、寿司こそが道楽ですかな。

今回はビール1、ぬる燗2で10,000円。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】10,000円
■総合    ☆☆☆☆☆
■料理    ☆☆☆☆☆
■接客    ☆☆☆☆☆
■価格    ☆☆☆☆☆
(☆5つが最高、★5つが最低)

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ  

【過去の松寿司】
松寿司@その10 ヘビーローテーション
松寿司@その11 ダブルタイフーン
松寿司@その12 ディスカバー・ジャパン
松寿司@その13 思わず暴飲暴食
松寿司@その14 一周年
松寿司@その15 鮪祭り
松寿司@その16

スポンサーサイト