サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

鮓 きずな @その6 (寿司:京橋) 鯛の力

どうも、”ミスター2”ことJ・ゲバルです。

京橋の「鮓 きずな」へ。
いつものように刺身から始まる、おまかせを。

鯛と平目 
明石産の真鯛と平目。

平目は2.3キロの大物だそうで、少し寝かせているのでしょうか、しっとりした歯ごたえです。平目らしい味わいがとても強く、とても旨い。

鯛は腹身。
こちらは歯を軽く押し返すような弾力があり心地よいですが、ただグリグリなだけではなく、鯛の旨味がジワーっと広がる、なんとも味濃い旨い鯛です。

いやあ、この鯛、ほんとに旨かった・・・。

中トロ 
中トロ。
青森・大間産との説明。サラッとした脂で、これはこれで旨い。

蛸 
明石蛸。
冬蛸としての旨味がしっかり乗って、さすがと言いたくなる旨さですね。

蛸柔らか煮 
続いて柔らか煮。
あくまで歯ごたえを維持させつつ柔らかく仕上げ、そこに木の芽の爽やかな香り、たまりませんな。

蒸し鱈白子 
鱈白子の蒸し物。
白子自体はちょっとあっさりし過ぎかなと思いますが、濃い目の出汁に唐辛子をかなり利かせているのがちょっと意外で、そして妙に旨く感じました。

牡蠣 
仙鳳跡牡蠣。
大粒に牡蠣の旨味がギューギューに詰まっています。

冷酒1 
ビールから冷酒へ。
どうしても1杯目はビールという性質。

ブリ 
寒ブリ。
これはやられました。不意をつかれ、見事な旨味の一撃を喰らいました。

熟成させたブリは身がミシッと詰まっているような歯ごたえがあり、そこに甘味のある素晴らしい脂がたっぷりあって、それでいてまったくくどくない。間違いなく、最近食べたなかで一番旨いブリ。

アコウ 
握りはアコウから。
先ほどの鯛や平目と違って、とにかくグリグリした身の弾力で、それがまたいい。

コハダ 
天草産のコハダ。
う~ん・・・ちょっと身が小さく薄く、その分やっぱり脂と味のノリがイマイチかな。決して強く締める店ではないですが、その軽い塩と酢に持ち味が若干押されている感じがあります。

ヅケ 
大間産赤身のヅケ。

鯖 
旬(とき)さば。長崎産やったかな。
脂はあっさり目のノリ。でも、しっかりした鯖の旨味があっていいですよ。鯖の握りに白板昆布を乗せるの、結構好きです。

冷酒2 
冷酒をもうちょっと。

カワハギ 
カワハギ。
見事な肝でした。

蝦夷鮑 
蒸し鮑。
蝦夷鮑です。ここの蒸し鮑の香り、とても好きですね。

ハリイカ 
ハリイカ(スミイカ)。
このサクッと歯切れの良さと潔い(?)甘さ。寿司に最も合うイカだと思いますし、やっぱり旨いです。

赤貝 
閖上産の赤貝。
築地から引っ張るブランド赤貝。香り、味ともさすがのものですが、前回の方がさらに旨かったですね。

白海老 
白海老昆布締め。
白海老は昆布締めにするのが握りにはベストだと思います。

穴子 
焼き穴子。
身の味が濃いですね。身、そして皮目にしっかりした歯ごたえがあって、とろける煮穴子と対極のところで、これまた旨い穴子です。

イカ海胆 
イカと海胆。
海胆は昆布森産の塩水海胆。かなり甘味が強くて旨かったです。イカ要る?って思うほど・・・。

ネギトロ1 ネギトロ2
ネギトロ。
今日のトロはかなり旨いな。口中でフワッととろけて、こりゃもう・・・。

玉子 
鯛と車海老のすり身入りの玉子。
いつもながら上品な甘さと素晴らしい口どけのカステラ玉子は絶品。

鯛背身 
締めたはずですが、どうしても鯛が忘れられずリピート。
腹身は切れてしまい、背身になりましたが、少しあっさり目のこの身もまた旨い。

今回は鯛の旨さ、改めて思い知らされましたねえ。

お勘定というと出てくるべったらを齧りながら、あがりを飲んでおしまい。

瓶ビール1、麦焼酎ロック1、冷酒2で12,000円。
いつもながら素晴らしい満足感です。

ただでさえ人気店ですが、某雑誌の巻頭に2ページ掲載されたので、ますます人気店になっていくのでしょうね。こないだ電話したらド平日で初めての「満席NG」喰らったし・・・。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】12,000円
■総合    ☆☆☆☆☆
■料理    ☆☆☆☆☆
■接客    ☆☆☆☆☆
■価格    ☆☆☆☆(4.5)
(☆5つが最高、★5つが最低)

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【過去記事】
鮓 きずな@前編(寿司:京橋)
鮓 きずな@後編(寿司:京橋)
鮓 きずな@その2 白身の旨さはどこまでも深い
鮓 きずな@その3 純情生一本の満足感
鮓 きずな@その4 光り物の輝きに魅了される
鮓 きずな@その5 至福の時間

【鮓 きずな】
大阪市都島区都島南通2-4-9 藤美ハイツ1F (地図)
06-6922-5533

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
929: by すくわか on 2011/02/02 at 10:36:28

当分行けそうもナイですね。
春の予約でも入れてみますかw。
大将の握りダンスをまた見たいw。
2012 ☆ 獲るような気がします。

930: by カク on 2011/02/02 at 10:47:33

鯛はやっぱり王様ですね。天然鯛の香りはたまりません。
しっかり味のある酢飯なら最高ですね。昆布締めも好きです。
そして、相変わらず海苔が旨そう・・・

931:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2011/02/02 at 11:22:09

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

元々、結構な人気店だっただけに、ちょっと遠い存在になってしまったような気がして寂しいです。

2012の1つ☆ぐらいは可能性あるでしょうね。ワイン置いたらほぼ確定かと・・・。

932:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2011/02/02 at 11:31:19

>カクさん

コメントありがとうございます。

焼く、蒸す、煮るなどももちろん旨いですが、改めて「鯛の造り」にしみじみ旨いなあとため息でした。

詳細は忘れましたが、たしか海苔のパリパリを維持するために一工夫していたような記憶があります。

▼このエントリーにコメントを残す