サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

洛二神 @その3 (ラーメン:天満) 懐古の情

どうも、アントニン・レオポルド・ドヴォルザークです。

外観 
大好きなラーメン屋の1つ、洛二神。
天満界隈で飲んで、〆に立ち寄るのにも便利な立地です。

和風中華そば 
迷うことなく、和風中華そば(700円)を注文。
ビジュアルに若干の変化が生じていますが、とにかくスープをいただきましょう。

淡海地鶏でとった、上品であっさりしつつ、コクのある動物系のベースに、昆布、煮干、宗田節の魚介系の旨味が重なり合います。

とにかく「魚濃い」ので一口でダメとなってしまう人もいるでしょうが、ドヴォルザークは魚介に限界まで主張させつつ、決して煮干・魚粉系にありがちな「苦い」に陥らず、「魚臭い」にもならず、上手くまとめ上げたこの絶妙のバランスの虜になっています。

麺 
自家製の細麺は、洛二神のスープとのみ相性が良いと思える麺。
他のスープに入れると「何じゃこりゃ」となってしまうかなと思う麺。

筍 
気になったビジュアルの変化は、木耳が筍の細切りに変わったこと。

う~ん・・・。
ドヴォルザークはこのスープと絡まった木耳の風味と食感がとても好きで、最高の一杯を構成するために欠かせないバイプレイヤーと思っていただけに、ちょっと残念です。木耳に対して、筍の繊維の強い食感に若干の違和感を覚えます。

根こぶご飯 
欠かせないサイドメニュー、根こぶご飯(300円)。

やはり旨い。
それでいて、和風中華そばの邪魔をしない、控え目な魅力がたまりません。

素晴らしい一杯でしたが、筍によってバランスが若干悪化した印象が拭いきれず、前回の感動より1つ星ダウンというところです。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】1,000円
■総合    ☆☆☆☆
■料理    ☆☆☆☆
■接客    ☆☆☆☆
■価格    ☆☆☆☆☆
(☆5つが最高、★5つが最低)

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【過去の洛二神】
洛二神(ラーメン:天満)
洛二神 @その2

【洛二神】
大阪市北区浪花町4-22 藤ビル1F (地図
06-6371-1088
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
890: by すくわか on 2011/01/16 at 11:21:15

こちらへ伺ったのはもう10年近く以前になります。
魚介がまだまだ関西に浸透していない中、魚粉臭いし、らーめん鉢も面倒臭いナ、といい印象はありません。
かなり時間が経ちました。最近は昼も営業しているそうですね。
互いに変わったと思います。
行ってみます。

891: by 酒乱のカリ☆スマ on 2011/01/16 at 12:37:54

細麺ですか。
おいしそうですね。

892:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2011/01/16 at 12:51:28

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

10年前を知らないのですが、最近は魚濃さはバランスを重視して、幾分かマイルドに仕上げてきたかなという印象ですが、ベースは同じなのかなあとは思います。

ラーメン鉢はたしかに使いにくいですね・・・。
で、洗いにくそうです。

893:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2011/01/16 at 12:53:10

>酒乱のカリ☆スマさん

コメントありがとうございます。

ほんと好きなんですよ、このラーメン。

出張がなくなって実現がなかなか難しいのですが、東京で「コレゾ!」というラーメンを食べてみたいなあとは思っています。

▼このエントリーにコメントを残す