FC2ブログ

3104丁目 (ラーメン:高槻市駅) これもまた「またおま系」と言えよう方向性の難しさ

どうも、ブローノ・ブチャラティです。
覚悟はいいか?俺はできてる。

ip1812-IMG_5917.jpg 
高槻にて野暮用。

「らぁ麺屋はりねずみ」という店に目星をつけていたが、
店主の急な体調不良で臨時休業。
SNSの直前チェックしておくべきだった・・・。

すぐに近場で探して見つけたのが、この「3104丁目」。

店名の意味は分からないが、オサレ感ある外観だこと。

ip1812-IMG_5920.jpg 
店内も、ビストロやバルと思えなくもない雰囲気があり、
タイル張りの腰壁も、水のポットも普通のラーメン屋とは少し違う。

店主が実はフレンチかイタリアンの出身で、
その世界で得たスープ、ソースの技を活かしたラーメンを供する。

そんな期待が沸いてくるではないか。

ip1812-IMG_5918.jpg 
ip1812-IMG_5919.jpg 
メニューはこんな感じ。

「魚介」のラーメンか、つけ麺で、醤油や塩かを選ぶ。

最初で最後だと思うので、特製ラーメンの醤油で、
ねぎ塩丼のランチセットも注文する。

ip1812-IMG_5922.jpg 
ラーメンは今っぽいと言えば今っぽく、
普通と言えば普通で、少々野暮ったくも感じる。

外観や内観で高まった期待に反して、盛り付けが些か雑で、
あまり美意識を感じることができない。

まあ、味が良ければ大きな問題ではないので、食べてみるか。

ip1812-IMG_5925.jpg 
フレンチか、イタリアンのエッセンスが入るのかと思ったのは、
完全な早合点であって、純然たるラーメン。

あっさり方向の動物ベースに、節の効いた魚介出汁。
飲み口は優しく軽く、軽い酸味で仕上げてくる。

一時期、濃厚に寄った豚骨魚介Wスープが「またおま系」とよく表現されたが、
これもまた「またおま系」だよなあ・・・。

悪くはないが、どっかで食べたことある味だな、
それすらも過ぎて、そこらでよくある味だなあとしか感じられず、
残念ながら心に響く要素がない。

ip1812-IMG_5929.jpg 
プリッとした麺は、麺屋棣鄂のモノらしいが、
どうにもスープの印象が薄いので「ふ~ん」という感想に留まってしまう。

それに、このスープとこの麺の相性が良いとも思えない。

ip1812-IMG_5926.jpg 
脂っこくない豚バラチャーシューも、
しっとりした鶏チャーシューも良く出来ている。

だが、これも最近はしばしば出会う仕上がり。

全体として優等生的なラーメンだとは思うが、それ以上の感想を持ち得ない。

ラーメンはたしかに進化したのだろうが、全体として水準が上がったからこそ、
印象に残る一杯というハードルはさらに高くなっているのだろうか。

まあ、昨今の複雑系に少々飽きてしまい、
昔ながら続いているシンプルな一杯の方に吸い寄せられている、
という好みの変化が大きいのかもしれないが・・・。

ip1812-IMG_5921.jpg 
なお、鶏のチャーシューねぎ塩丼は、
塩ダレの塩梅が良く、なかなか良いが、
プラス150円にしてはご飯の量の少なさが気になった。

【訪問時期:2018年12月前半】

 -------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 


食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  




関連ランキング:ラーメン | 高槻市駅高槻駅



スポンサーサイト