FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華そば萬福 京都駅前店 @その7 (ラーメン:京都駅) 濃厚親父を久しぶりに堪能

どうも、アンリ・フレデリック・アミエルです。
私の疲れた心よ、生きるということは何と困難なことだろうか。

ip1811-IMG_5516.jpg 
京都駅周辺でランチタイム。

京都駅前には早朝から行列が出来る人気ラーメン店が2店舗あるが、
並んでまで喰う価値があるとはまったく思えないので、いつも萬福へ行く。

およそ2年ぶりの訪問。

ちと辺鄙な場所にあるのだが、マニアックな西洞院口を出て、
ビックカメラを経由すると意外とすんなりと辿り着ける。

ip1811-IMG_5517.jpg 
注文は特製ラーメンの醤油。

薄切り・厚切りのチャーシュー、それに青ネギたっぷり。
ずっと昔から変わらない萬福のルックスに安心する。

ラーメンも好きだが、第一旭や新福を超える最大の魅力は、
この店の親父だ。

ip1811-IMG_5519.jpg 
豚骨もしくは鶏がらベースの濃厚醤油が多い京都ラーメンにあって、
萬福のスープはあっさり目に分類されるだろう。

その分、親父が濃い。
新福は無論、天下一品や無鉄砲すら裸足で逃げ出すほど親父が濃い。

念のため繰り返しておくが、味ではなく、店主の個性の話。

ip1811-IMG_5522.jpg 
2年前の訪問では少し丸くなったと感じた親父であったが、
今回は華麗な復活を遂げていた。

2年前にも居たと思うお兄ちゃんが何ら問題なくオペレーションをこなしていたが、
その一挙手一投足に対して、ファランクスCIWS(近接防御火器システム)並みの
小言の連射に次ぐ連射。

出た出た!待ってました!
物理的に不可能と思える作業要求w

一般のお客はまあ気を悪くするだろう親父の小言連射だが、
20数年前から見てきた身としては懐かしくてたまらない。

されど、このお兄ちゃんは言ってしまえば小言のパワハラに、
何故耐え続けているのか些か不思議に思う。

修業経験に箔がつくような人気店でもないし、
唯一無二の美味ラーメンを供しているという訳でもないし。

もしかすると、意外に親父の小言CIWSの虜になってしまっているのだろうか。

【訪問時期:2018年11月後半】

-------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 

食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その3
その4 ・・・ 特製醤油ラーメン
その5 ・・・ 京の都のなんちゃない
その6 ・・・ ザブザブ





関連ランキング:ラーメン | 京都駅東寺駅九条駅



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。