FC2ブログ

ついてる中山 (ラーメン:滝井) カドヤのチープ版という印象が強い

どうも、魯迅こと周樹人です。
沈黙しているとき私は充実を覚える。口を開こうとすると、忽ち空虚を感ずる。

旭区で野暮用。

昼飯は滝井の而今にしようと向かったが、
臨時の開店時間30分遅れ。

ip1811-IMG_5506.jpg 
駅前に何にもない滝井で30分も時間を潰すことは考えられない。
調べてみると、近くに興味のあった店が他にもある。

「ついてる中山」。
カドヤ食堂出身らしい。

「うえまち」のような店主を想像していたが、
迎えたは想像とまったく違う年配の男性。

この人が「ついてる」なんて変わった屋号を考えたのか・・・。

ip1811-IMG_5507.jpg 
メニューはこんな感じ。
店内の貼り紙を見ると、他にもランチセット等があるらしい。

中華そばは700円と師匠や兄弟弟子に比べると安い。
ここは一生に一度と、チャーシューメン(トッピング)を頼んでみる。

チャーシューメン1,100円は決して安くない価格設定だが、
カドヤ系のチャーシューは好きだし、師や兄弟よりはずっと安いので、
師や兄弟に及ばずとも、ええ感じのが出てくることを期待したい。

ip1811-IMG_5508.jpg 
ストレスのないサーブで着丼。

具材が比較的に丁寧に盛り付けられており、好感が持てる。
昔ながらの中華そば、と言うべき雰囲気のあるルックスもなかなか良い。

だが、1,100円のラーメンのルックスかと問われれば微妙だ。
どうにも見た目に少々の貧相さが滲み出ている。

それに麺量、スープ量とも若干少なめに見える。
実際、食後にもそう感じた。

ま、とにかく食べてみよう。

ip1811-IMG_5513.jpg 
肝心のスープは、まず香りが良い。

飲んでみると、鶏ベースのしっかりとした旨味とコク味があり、
魚介出汁の合わせ方も程よい。

それなりに美味いのだが、どうにもカドヤ食堂のチープ版だ、
という印象が頭に浮かび、それが確信に変わっていく。

ip1811-IMG_5510.jpg 
チャーシューも脂身も上手く調整されており、
赤身も味のないパサパサではなく、ネガなクセもなく悪くはない。

ただ、カドヤも、うえまちも、赤身はもっとしっとりとしており、
圧倒的な豚肉の美味さがそこにあったことと比較すると、
かなり劣るというか、やはりチープな印象を拭えない。

ip1811-IMG_5515.jpg 
麺は、かなり細めでパツパツとしたもの。
カドヤのあのしなやかな麺とは完全に異なる仕様。

これはチープの範疇をも超え、まったくいただけない。
スープと全然絡まず、浮き上がってしまっている。

チャーシュー増しにせず、700円の中華そばであれば、
カドヤのチープ版としてアリなのかもしれないが、
それであればカドヤ阪神梅田店で食べた方が満足度はずっと高い。

なお、店主の接客への批判も散見されるが、
いかにも寡黙な感じで、元気さは感じられないが、
声掛けに不足はなく、まったく問題ない。

「ありがとう」すら言えない輩は批判されてしかるべきだが、
一杯数百円のラーメン屋で懇切丁寧や、元気・笑顔を求めるのは酷だ。

たまに、ラーメン屋でホスピタリティという言葉が持ち出されることもあるが、
どうかしているのではないかと思う。

無論、そういった接客を実施している店主もいるし、
その方が気持ちよいがクリアすべき最低条件ではないし、
「いらっしゃいませ」「おまたせしました」「ありがとうございました」等の
最適クリアすべきところはこの店主は十分にクリアしている。

なので、その点は問題ない。

【訪問時期:2018年11月後半】

-------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 

食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  




関連ランキング:ラーメン | 滝井駅千林駅太子橋今市駅



スポンサーサイト