FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺家 あくた川 (ラーメン:今出川) 美味い「家系」だが、左近・右近には敵わぬか

どうも、劉向子政です。
憂いを同じうする者は相親し。

ip1810-IMG_5378.jpg 
行きたいという想いは募れども、
宿題として残り続けていた京都御所。

ようやく願い叶って、御所参内。
紫宸殿などを間近に見て、歴史に想いを馳せる。
楽しい時間だ。

ip1810-IMG_5401.jpg 
参内を終え、烏丸通を北上、同志社銀座というべき、
キャンパス密集地にある「麺家 あくた川」へ向かう。

到着時、並びはなかったが店内は同大生で満席。

ご飯お代わり自由方式なので、大半がお代わりを頼むため、
回転が悪く、久しぶりにラーメン屋で30分ほど並ぶことになった。

ip1810-IMG_5402.jpg 
注文したのは、チャーシューメン並(850円)。

スープや海苔で分かるかも知れないが、所謂「家系」で、
店主は東京の「武蔵家」という店で修業したらしい。

関西も大雑把に「家系」とまとめられているラーメンは増えたが、
東より進出してきた質の低い資本系(魂心家、町田商店等)を含め、
美味いと思える店が他カテゴリに比べて圧倒的に少なく、
店舗数増に反比例するかのように、私の「家系」への情熱は急速に冷めた。

ip1810-IMG_5407.jpg 
初訪問なので、麺の固さ、味の濃さ、鶏油の量をすべて普通でオーダー。

丁寧に仕込んでいるだろうと推測されるスープは口当たり滑らかで、
豚骨の旨味・コク味の足腰がしっかりしており、
その後に特有の濃いタレ味がガツンと来る。

豚骨醤油のスープをベースに、とにかく味濃くして、とにかくオイリーにする。
魂心や町田のスープに象徴される、安易なインパクト訴求系とは明らかに別物で、
きちんと美味いと思える「家系」スープ。

ip1810-IMG_5409.jpg 
麺は、これまた「家系」御用達の酒井製麺の中太ストレート。

美味い一杯であるとは思うのだが、関西の「家系」で美味いと強く感じた2店舗、
大阪・千林大宮の「そらの星」と京都・北野白梅町の「紫蔵」と比較すると、
旨味・コク味とも、もう一段の深みが足りない。

魂心や町田などよりは遥かに深いのだが、「左近桜・右近橘」と並び称したい、
2店と比べてしまうと、若干ペラいように感じてしまう。

ip1810-IMG_5405.jpg 
チャーシューは、さらに及んでいないと感じた。

左近桜・右近橘とも厚く切った、口の中でスープで混じって解けていく、
心地よいホロホロ系チャーシューであった。

こちらはレアチャーシューに寄せたしっとり系。
この類のスープには、やはりホロホロ系であって欲しい。

左近桜・右近橘と同等以上の「関西家系」と感じることは出来なかったが、
接客も丁寧で、常連優遇制度もあり、同大生に支持され流行り続ける店であることは間違いないだろう。

【訪問時期:2018年10月後半】

-------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 

食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  




関連ランキング:ラーメン | 今出川駅鞍馬口駅



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。