FC2ブログ

中華そばムタヒロ 堺東店 (ラーメン:堺東) 「甘い」に飽きる

どうも、フランソワ・ラブレーです。
カーテンをおろせ、道化芝居は終わった。

運転免許証の再交付のため、光明池運転免許試験場へ。
大雨も加わって、予想以上に疲れた。

ip1809-IMG_5085.jpg 
ちょうど昼時に差し掛かったので、堺東で途中下車。
以前から興味のあったムタヒロへ。

東京国分寺発の人気店で、大阪では福島に次いで堺東が2店舗目。

お江戸発のラーメンはどんなものか。

ip1809-IMG_5087.jpg 
看板メニューは「ガハハ」と「ワハハ」らしく、
ガハハが鶏、ワハハは煮干らしい。

店内には煮干が目立つように置いてあり、
麺箱には麺屋棣鄂の名、棣鄂の麺は好きなので安心できる。

端材そのまんまのような箸も少し変わっているといえば変わっている。

ip1809-IMG_5091.jpg 
注文は、ガハハ鶏特製そば(950円)。
醤油か塩かを選べるが、醤油にした。

見た目は、いかにも美味そうなイマドキラーメン。

写りが悪くて伝わらないだろうが、
濃い色の中にも透明感のあるスープが印象的だ。

ip1809-IMG_5097.jpg 
鶏の旨味がギュッと詰まったスープ。
雑味もなく、実にキレイな方向性。

美味い。
いや、美味いはず・・・。

美味いスープではあるが、それ以上に「甘い」。

甘みの添加は分かりやすい美味さにつながりやすい。
そして、分かりやすいコク味に直結する。

ip1809-IMG_5094.jpg 
パッと飲んで美味いとは思える。

だが、この「甘み」に慣れてくるというか、
色々な店で接してくると、身体がどこか拒否反応を示すようになる。

甘みによる旨味・コク味出しに飽き飽きし、舌がくたびれてくる。
飽きによって、美味いと思った感覚が早期にくどさに転じ、
ついには重たく感じてくる。

本町の「田中の中華そば」も同じ帰結だ。

ip1809-IMG_5102.jpg 
棣鄂のパツパツ感のあるストレート麺は美味い。

美味いラーメンであるのだが、、
私にとっては鶏&魚介とは別の意味での「またおま系」。

期待が大きかっただけに少々残念であることは否めない。

【訪問時期:2018年9月前半】

-------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 

食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  



関連ランキング:ラーメン | 堺東駅大小路駅花田口駅



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment