FC2ブログ

地魚と天ぷら うろこ屋 @その6 (居酒屋:東心斎橋) 噴火湾直送の神経抜き

どうも、斉藤道三の父、長井利隆です。
つくづく考えてみるに、無能の国主、無能の家老、無能の領主とは乱世にあっては悪人だな。

金ケ崎で浅井久政・長政父子の裏切りを知った織田信長。
些か大げさだが、そういう気分になった日、自らを癒すためうろこ屋へ。

ip1808-IMG_4726.jpg 
「怒り心頭に発する」になるかと思いきや、自分でも意外なほど冷静。
見切っていたか、諦めたか、ハナから信用していなかったのか。

怒りの沸点はともかく、暑さで温度上昇極まっている身体を、
冷たいビールと冷奴で落ち着かせる。

密度の濃い豆腐に、オリーブオイルと岩塩。
これがクセになる美味さ。

ip1808-IMG_4727.jpg 
この日の刺身は、北海道噴火湾直送の赤カレイ、宗八カレイ、ムシガレイ、
ホッケ、八角、ツマグロカジカ、トゲカジカ、毛つぶ、それに尾鷲の鰹。
(だったかな?メモなんて取らないので順番はまったく覚えていない)

北海道の魚は、大将・山本さんの旧知の漁師が獲り、
神経抜きで活締めして直送してきたクオリティの高い道産子たち。

八角は魚体の見た目とは裏腹の上品な白身魚であるし、
北海道はカレイ類も美味い。

そして、ホッケだ。

安居酒屋定番の大きく、脂とクセだけ多いロシア物と違い、
正真正銘、北海道のほっけだ。

とろけるような脂乗りだが、同時に旨味もしっかりしており、
味わいが深い。

毛つぶも非常に面白い。
単純に言えば、つぶ貝の貝殻に毛が生えたというルックス。

真つぶ貝のような甘みを持っているが、旨味も深く濃い。
なお、ワタは毒を持つため食べられない。

尾鷲の鰹も山本さんが推してきただけあってw美味い。
脂も乗っているが、何よりも上質鰹特有のキレイな旨味が実に濃い。

ip1808-IMG_4728.jpg 
天ぷらは、ウツボ、木耳、松茸。

ウツボは骨が多く、骨切りしても鱧よりもまだ骨の感覚が残る。
処理が厄介な魚なので流通は少ないが、上品な白身で実に美味い。

ip1808-IMG_4729.jpg 
追加で、ツナポテチーズ。

ツナとポテトに粉チーズ。
コロッケを意識したというジャンクな天ぷらが、これまた美味い。

ip1808-IMG_4730.jpg 
剣先イカの沖漬け風。

獲れたてを船上で漬けてはいないから沖漬け「風」。
でも、身に透明感残る鮮度抜群の状態で漬けている。

ip1808-IMG_4731.jpg 
他のお客さんが締めをリクエストしたところ、
山本さんはご飯を即席で酢飯に調整して寿司を握った。

たまらず相乗り。

金ケ崎崩れは許さないし、いずれ滅ぼすし、放置しても滅びるだろう。
ま、楽しい酒と肴で、静かな怒りも静まったかな。

【訪問時期:2018年8月前半】

-------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 

食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ うろこ屋復活に立ち会う
その2 ・・・ サメ食べる会
その3 ・・・ 手長蛸
その4 ・・・ イガイ
その5 ・・・ 近大卒の魚たち




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 日本橋駅近鉄日本橋駅長堀橋駅



スポンサーサイト

2 Comments

明るい農村  

ほっけや八角の刺身は札幌でもなかなかの高級品です。うろこ屋行ってみたいです。

2018/11/25 (Sun) 10:08 | REPLY |   
ま~くん

ま~くん  

Re: タイトルなし

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

尾鷲漁港をベースに、北海道噴火湾、琵琶湖湖魚など
色々なネットワークがあるので、楽しい店です。

定休日日曜以外は、17:30~2:00営業なので、
ガッツリ晩飯から、深夜ちょい呑みまで使い勝手いいですよ。

2018/11/25 (Sun) 11:35 | EDIT | REPLY |   

Post a comment