FC2ブログ

とんかつ 大喜 @その8 (とんかつ:長堀橋) ご飯が美味い

どうも、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテです。

愚か者が賢明になるのを待つなんて愚かなこと。
知恵の子らよ、馬鹿は馬鹿のままにしておけ、それがお似合いだ。

ip1807-IMG_4222.jpg 
つまらぬ仕事で疲れた夜。

厚切りのとんかつをガブリと喰って、
気力と体力を回復しておきたい。

もはや浮気する気も起こらない。
ひたすらの大喜。

ip1807-IMG_4223.jpg 
鹿児島阿久根豚の特選ロース厚切り。
250gで、税込2,030円也。

300gの超厚切りも美味いのだが、
ご飯を必ずお代わりする身には少しボリューミー。

ip1807-IMG_4224.jpg 
でも、250gでも十二分にボリューミー。
ガブリとかぶり付く快感を味わえる。

以前に比べて、わずかに揚げ時間を長くしただろうか。

衣のサクッカリ感は向上している。
一方で、かなりの度合いだったレアな揚げ具合は少々後退。
(後に、この揚げ調整により、超厚切りが理想状態に達したことが分かる)

ip1807-IMG_4225.jpg 
それでも、赤身に火が入りすぎてスカスカということではない。

レアに揚がったとんかつの美味さをきちんと味わえるし、
口中でたちまち溶けていく脂の甘みと、その美味さも変わりない。

豚の脂身の甘さも、やっぱりいいねえ。

そして、この店もご飯がきちんと美味い。

白メシが美味くなくてもOKなんて料理・業態はあるはずもないが、
とんかつはご飯の美味さレベルの高さを要求するカテゴリーの1つだろうなあ。

満足満足。

【訪問時期:2018年7月前半】

--------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 

食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 気持ち良き接客のとんかつ屋
その2 ・・・ 超厚切り
その3 ・・・ 定番化
その4 ・・・ 厚切り
その5 ・・・ とんかつ晩餐
その6 ・・・ この地にあり続けて欲しい
その7 ・





関連ランキング:とんかつ | 長堀橋駅心斎橋駅日本橋駅



スポンサーサイト