FC2ブログ

正油ラーメン専門店 友愛亭 @その52 (ラーメン:恵美須町) 友愛亭第二章

どうも、荀子です。
其の子を知らざれば、其の友を視よ。

ip1807-IMG_4182.jpg 
仕事を早く終わらせ、友愛亭へ駆けつける。

インスパイアイベント終了後、店主が前々から考えていた、
ラーメンメニューのリニューアルを何が何でも食べたかったからだ。

ip1807-IMG_4184.jpg 
友愛亭第二章は、基本メニューの右ストレートでまず体験したい。

チャーシューを変えたのも知っていたので、
それを満喫すべく、チャーシュー増しで注文。

チャーシューが変わったのが見た目から伝わってくる。

ip1807-IMG_4188.jpg 
スープは、これまで鶏ガラに昆布や野菜などを加えていたが、
鶏ガラのみのシンプルな清湯スープに変えた。

香味油も純度を高めた鶏油と豚脂のWオイル。

元々、余計な味がせず、キレイな旨味とコク味に満ちたスープだったが、
敢えて鶏のみの引き算スープにしたことで、ピュア度がさらに高まった感じがある。

複雑化するイマドキラーメンに背を向ける方向性だが、
鶏ガラのみでも何ら不足のない旨味とコク味を堪能でき、
また元ダレとの相性も抜群だ。

ip1807-IMG_4193.jpg 
麺は、最後までモチモチ感を保つようチューニングした特注麺だが、
加えて「昔ながらの」風味を敢えて出すように仕立ててある。

美味い麺なのだが、どこかなんちゃなさを持たせるあたり、
これも昨今のトレンド店とはまったく違う。

ip1807-IMG_4186.jpg 
チャーシューは増しにしなくても、モモとバラの2種類が乗る。

モモチャーシューは、しっとり柔らかく仕上げてあり、
以前のチャーシューをさらにグレードアップさせたもの。

ip1807-IMG_4185.jpg 
バラチャーシューは圧力鍋でがっつり炊いた煮豚で、
ほろほろと柔らかく、脂抜きもきちんとされていてくどくない。

この2種のチャーシューから溶け出した旨味と脂がスープに混じりあい、
さらにスープが美味くなっていく。レアチャーシューでは出来ない芸当だ。

「友愛亭らしさ」の純度がさらに高まったリニューアル。
私にとって大歓迎の方向性だ。

他のメニューもどんどん試していきたい。

※後日談※
バラチャーシューは実験的にやってみたが、
完成度に店主は納得できず、一旦中止した。
(現在は再開。ただし、理想を目指してチャーシューの試行錯誤を今も続けている)

おそらくスープとの相性の問題だろうが、店主はあくまでストイック。
十分美味かったけど、その気持ちも分からないでもない。

【訪問時期:2018年7月前半】

-------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 

食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その45 ・・・ 新・浪速のジョー
その46 ・・・ 右ストレート
その47 ・・・ 二日酔いでジョー
その48 ・・・ 塩バター
その49 ・・・ 原点回帰
その50 ・・・ 鯛出汁塩
その51 ・・・ レトロ中華そば
その52 ・・・ 久しぶりのカミソリ、そして懐かしいおっちゃん


友愛亭



関連ランキング:ラーメン | 恵美須町駅難波駅(南海)今宮戎駅

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment