FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどん麦清 (うどん:本町) 本町地下で「剛麺」に出会う

どうも、幸田露伴です。

人の常道、敗れたる者は天の命を称して嘆じ、
成れる者は己の力を説きて誇る。卑しいとすべし。

ip1805-IMG_3496.jpg 
船場センタービル9号館地下2階。

どっかいい感じのとこないかなあと回遊していると、
とても流行っているうどん屋を発見。

ip1805-IMG_3497.jpg 
昭和リーマン御用達という雰囲気の船場センタービル地下飲食店街で、
讃岐うどんは予想していなかった。

関西讃岐うどんにプチハマりし、
有名店を回っていた頃が懐かしい。

ip1805-IMG_3499.jpg 
お、「冷かけ」か。
一時期は冷かけの文字を見ると、小躍りして並んだっけ。

高額ニューウェーブ系蕎麦もそうだが、今では並ぶどころか、
ピクリとも行こうという気が起きなくなってしまった。

ip1805-IMG_3498.jpg 
プラス130円で、ミニちらし寿司をセットにできるらしい。

丁度いいや。
久しぶりに関西讃岐うどんの冷かけを食べてみますか。

ip1805-IMG_3501.jpg 
リーマン密集ビルの飲食店街で店を営んでいるだけあって、
効率的なオペレーションで、待たせないサーブは素晴らしい。

天ぷらはすぐ後で、別皿で揚げたてを持ってきてくれるらしい。

ip1805-IMG_3503.jpg 
澄んだ黄金色の出汁に、麺線くっきり、エッジを感じるうどんのみ。

このシンプル・イズ・ベストのルックス。
ああ、これが大好きだった冷かけのお顔だったねえ、と感慨深い。

ip1805-IMG_3504.jpg 
さて、肝心の冷かけ出汁である。

イリコベースに、旨味のアクセントとして鰹を加えてあるか。
それに昆布も加わっているか。

う~ん、この鰹の存在が余計だなあ。
バランス次第ではイリコをサポートする良い働きをしそうだが、
この鰹の効かせ具合は好みではない。

ip1805-IMG_3505.jpg 
うどんは、確実に剛麺。
なお、私にとって剛麺は褒め言葉ではない。

表面の弾力は強くても、中心部に歯を包み込むような柔軟さがあったり、
固い麺であっても底ではしなやかで、幾らか伸びを見せる余地がある。

「剛麺」が統一スローガンのように持て囃された中でも、
ただ固いだけではない剛麺を供する店を好んできた。

この麺は、表面は固く、中はさらに固い。
歯を包み込むどころか、押し返すようなはっきりした固さが中心にある。

好みのうどんではないな・・・。

ip1805-IMG_3507.jpg 
海老天は2尾。

熱々サックリと揚がって、衣に存在感があって。
コーンスターチ入りかな。

ip1805-IMG_3502.jpg 
ミニちらし寿司は、まあ・・・。

いつか温かいうどんにチャレンジしてみるか。

【訪問時期:2018年5月前半】

--------------------------------------------------
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 

食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。