FC2ブログ

ババ インディアン レストラン (インド料理:恵美須町) 使い勝手の良さが嬉しいインドカレー

どうも、古代ギリシア三大悲劇詩人の1人、ソポクレスです。
欺瞞し、裏切る、これ人間生来の心根なり。

ip1805-IMG_3597.jpg 
でんでんタウンの「シンズ・キッチン ミニ」が閉店してしばらく。

近くでバスマティライスを楽しめる環境を失って残念だと思っていたら、
ほぼそのまんまの外観・内装の店がすぐ出来た。

「ババ インディアン レストラン」
シンズの新店ではないようだ。

ip1805-IMG_3596.jpg 
よしよし、バスマティライスでカレーが喰える。
友愛亭に行こうと思ったが、ココにしよう。

インド人が1人で切り盛りしているのはシンズ・ミニと同じ。
ただ、日本語リテラシーと愛想の良さではかなりの差がある。

ip1805-IMG_3598.jpg 
注文は、あいがけカレーライス(900円)。

厨房を見ていると、手際もこちらの方が良い。
注文してすぐ、ミニサラダが出てきた。

ip1805-IMG_3599.jpg 
カレーはバターチキンとマトンをチョイス。

この頃は副菜は乗っていなかったが、
現在では2種類の副菜が乗るようになっている。

ip1805-IMG_3602.jpg 
バターチキンのカレー。

スパイスの風味とチキンの旨味のバランスが良い。
バターのコク味もきちんと感じられる。

シンズのカレーはストレートというか、単純明快な強い辛さに、
後はとにかくオイリーでひたすら押してくる単調な組み立てだが、
こちらはオイリーさも控え目で、複層の味わいを感じられる。

ip1805-IMG_3601.jpg 
マトンカレーも同様、オイリーさは控え目で、
羊肉の個性ある強い旨味をしっかりと感じることができる。

バスマティライスと辛さのみシンプルに楽しんでいたシンズと違い、
きちんと旨味、美味さを感じられる方がやはり良い。

ip1805-IMG_3603.jpg 
バスマティライスもパサパサ感がひたすら強いシンズよりも、
少ししなやかさのある「アリーズ キッチン」に近い。

このカレーソースにも良く合い、美味い。

ip1805-IMG_3604.jpg 
食べていると、インド人シェフが「サービスです」と持ってきた。

カボチャとナスだが、これは辛さがかなり控え目で、
むしろカボチャの甘みが中和剤として良い働きをする。

シンズでサービスを受けるハードルをまだ越えられていないから、
これ込みの価格設定であったとしても、単純にちょっと嬉しい。

ip1805-IMG_3605.jpg 
900円にはサラダだけでなく、ラッシーも付く。
シンズよりも、お得感も強い。

近い、美味い、ラッシー付。
ああ、シンズよりも断然こっちかな。

【訪問時期:2018年5月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 



食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  




関連ランキング:インドカレー | 恵美須町駅今宮戎駅難波駅(南海)



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment