鳥やき処 とり鹿 @その6 (焼き鳥:日本橋) 何しろ砂ずり

どうも、アーネスト・ミラー・ヘミングウェイです。
人間の価値は、絶望的な敗北に直面していかに振舞うかにかかっている。

この店が残念至極で早々に退店。
近所の「ひげ勝」を覗くも、行列が伸びているぐらいなので断念し、
日本橋へ向かう。

ip1804-IMG_3225.jpg 
とり鹿。

落ち着いた大人の雰囲気で、美味い焼き鳥が喰える。
インバウンド専用街と化したこの界隈で、珍しく居心地がいい店だ。

インバウンドバスを整理するオッサンが、入口の真ん前で棒立ちで邪魔の極み。

ip1804-IMG_3228.jpg 
店内は、年齢層高めの客で満ちくりん。

界隈で長年営業し、有名でもあるはずだが、琴線には触れぬらしい。
巨大スーツケースで駅構内を爆走する集団の構成員は見られない。

撮ってはいないが、定番の突き出しからきちんと美味い。

ip1804-IMG_3227.jpg 
まずは、ももから。

レア焼きなる「焼けない焼き手の逃げ口上」ではなく、
きっちりと焼かれ、きっちりとタレが絡む串。

香ばしさもあり、美味い。

ip1804-IMG_3226.jpg 
香り高い山椒と七味は、必須アイテム。

ip1804-IMG_3229.jpg 
三角。

表面カリッと、中は脂がジュワッと。
美味い。

ip1804-IMG_3230.jpg 
皮身。

表面はカリッと、中はモチッと。
安定感がある。

ip1804-IMG_3231.jpg 
みんち(つくね)。

ip1804-IMG_3232.jpg 
軟骨。

焼き加減宜しく、美味い。

ip1804-IMG_3233.jpg 
古くからの大阪の店だけあって、砂肝ではなく、砂ずり表記。

歯応えだけ系かと思いきや、予想以上にジューシーさがあり、
歯応えと旨味ジュースの絡み合いが、絶品だった。

ip1804-IMG_3234.jpg 
はあと(心臓)など品切れ串が多かったのは残念だが、
どの串にも安定感のある美味さがある。

これは胸肉。
独特の金属串が熱くてたまらんw

ip1804-IMG_3235.jpg 
砂ずりリピート。

ip1804-IMG_3236.jpg 
山芋。
シャクシャク感が美味い。

ip1804-IMG_3237.jpg 
美味かったので、もう1回砂ずり。

ip1804-IMG_3238.jpg 
手羽先も文句なしの焼き加減。

値段も高くなく、美味く、居心地がいい。
花園町での敗北を完全に取り戻せた。

【訪問時期:2018年4月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 


食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その1 ・・・ オフ会その2 
その2 ・・・ たまには行きたい店 
その3
その4 ・・・ 名店だと思う 
その5 ・・・ 砂ずり


関連ランキング:焼き鳥 | 日本橋駅近鉄日本橋駅難波駅(南海)



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment