FC2ブログ

中華蕎麦 葛 @その2 (ラーメン:本町) あわい蕎麦

どうも、大ガミラス帝星永世総統のアベルト・デスラーです。
ガミラスに下品な男は不要だ。

「どぎゃん」で一度ラーメンを食べてみようと阿波座方面へ。

ip1804-IMG_3149.jpg 
ダメ元で近づいてみると「葛」の待ちが少ない。
おまけに到着した瞬間、2人が入店して待ちは2人のみ。

再訪は難しいだろうなあと思っていた店だけに、
この機を逃すかと「どぎゃん」は忘れることにした。

スムーズに流れ、5~6分ほどの待ちで入店が叶った。

ip1804-IMG_3152.jpg 
前回は基本メニューの「出し蕎麦」(550円)を食べたので、
今回はもう一方の「あわい蕎麦」(630円)。

味玉はどうでもいいが、チャーシューをちょっと増したかったので、
トッピングの「上」(150円)も前回と同じく追加した。

泡立つスープを始め、ルックスは酷似している。
パッと見、青ネギが紫玉ねぎに変わっている以外の違いを見つけられない。

ip1804-IMG_3156.jpg 
「アサリと甘海老のクラムチャウダー風」の添え書き通り、
魚介の滋味と香りがじんわりじんわりと効いている。

とくにアサリは大きな存在感を発揮しつつも、
出しゃばり過ぎず、引くところはきちんと引いている。

泡立てることで口当たりが軽くなる。
この辺りもバランスに貢献しているのだろうか。

ip1804-IMG_3154.jpg 
気色の悪いネチャネチャレアチャーシューではなく、ローストポーク寄り。
味付けも秀逸。

泡立つスープは、近隣に人気店「ふく流らーめん 轍」があるが、
あちらはクセを抑え込むためか、柚子が効かせてあるのが余計。

こちらは柚子など余計なことはせず、さりとてクセも感じず、
キレイな味わいで、考え抜かれているなあと感心する。

ip1804-IMG_3159.jpg 
麺はプリプリ系。

撮ってはいないが、替え玉を頼むと少し細い麺が出た。
茹で時間が早くなるのもあるだろうが、替え玉にはちょうど良い太さだった。

また、たまには覗いてみよう。

【訪問時期:2018年4月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 



食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 計算され尽くした進化系ラーメン



関連ランキング:ラーメン | 本町駅西大橋駅阿波座駅



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment