鶏豚らーめん専門店 ジャンキー @その3 (ラーメン:恵美須町) 炭火の恩恵

どうも、ミシェル・エケム・ド・モンテーニュです。
小さな悲しみは口に出せるが、大きな悲しみは口をつぐむ。

ip1804-IMG_2945.jpg 
久しぶりに、ジャンキーへ。

ガス火ではなく、炭火炙りの鶏肉が入ったラーメン。
たまに食べたいのだが、周辺に近づくと友愛亭か清麺屋に引き寄せられる。

ip1804-IMG_2946.jpg 
また、鶏炭火焼らーめん。

そろそろ、もう1つの基本メニューであろう炙り焼豚らーめんも試したいが、
バランスに優れた鶏炭火焼らーめんから離れられない。

ip1804-IMG_2948.jpg 
鶏、豚のWスープに、ほんのりと魚介出汁。

十二分な旨味、コク味があり、元ダレの味もビシッと決まり、
軽い酸味が上手く全体をまとめ上げる。

基本は印象変わらぬ優れたスープだが、
この日は動物スープに少しクセを感じた。

ip1804-IMG_2947.jpg 
ただ、である。

炭火で炙られた鶏肉の香ばしさ。
そして水菜、玉ねぎ。

これらが少々のクセを打ち消し、問題ない食後感に持っていく。
ガスバーナーでチャーシューを焦がすラーメンとは根本的に違う。

ip1804-IMG_2950.jpg 
中太麺か細麺か選べるが、スープとの絡みが良さそうな細麺をいつも選ぶ。

次こそ、炙り焼豚らーめんをば。

【訪問時期:2018年4月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 


食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 炭火の香りと程よい酸味
その2 ・





関連ランキング:ラーメン | 恵美須町駅難波駅(南海)今宮戎駅



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment