小洞天 @その3 (ラーメン:千日前)気持ち良き呑み後

どうも、福澤諭吉です。

驕傲と勇敢と、粗野と率直と、固陋と実着と、浮薄と穎敏と相対するがごとく、
いずれもみな働きの場所と、強弱の度と、向かうところの方角とによりて、
あるいは不徳ともなるべく、あるいは徳ともなるべきのみ。

ip1803-IMG_2785.jpg 
小洞天。

ミナミで呑んだ後、ここに立ち寄る。
美しい楷書のごとくの行動。

そもそも締めなど不要という意見もあろうが、
とにかく小洞天締めは美しいのだ。

ip1803-IMG_2786.jpg 
オッサンで満ちくりんの店内は締めだけを求めに来た客も居れば、
餃子とビールでもう一回戦と挑みかかっている客も居る。

私は純粋な締め。

この透明感に満ちた一杯のみを求めに来た。

ip1803-IMG_2787.jpg 
ここでは出汁感がどうこうは関係ない。
課長さんが同席してようが、どうでもいい。

透明あっさりで、塩気強め。
このスープが身体に嬉しい。

普段はラーメンに入るのをあまり好まないモヤシだが、
何故かこの店で食うモヤシはやたら美味く感じる。

ip1803-IMG_2788.jpg 
柔め茹で上げのなんちゃない麺。

なんちゃないラーメンだが、見事なオペレーションで供される。

あっという間に完食して店を出る。

とにかく、気持ちいい。

【訪問時期:2018年3月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 


食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 締めに最高だ!
その2 ・・・ 締めに嬉しい優しい味





関連ランキング:餃子 | 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅


スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/03 (Sun) 11:38 | REPLY |   
ま~くん

ま~くん  

Re: タイトルなし

>鍵コメさん

過分なるお言葉、恐縮です。

褒め殺しかとも思い、ビクついてもいますが・・・。

2018/06/03 (Sun) 16:02 | REPLY |   

Post a comment