サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

情熱うどん 讃州 (うどん:中津) マッハ突きを見た

どうも、空手界の最終兵器こと愚地克己です。

実戦的な戦いを模索するため加藤清澄に弟子入りしたごとく、最近は関西讃岐うどんを味わう旅(?)に出かけることが多くなりました。

空手を終わらせるうどん旅の中で、実は「ぶっかけうどん」というものに少々飽きを感じ始めています。

剛麺と呼ばれるようなうどんに出会ったショックに慣れてくると、さほど工夫されているとは思えないぶっかけ出汁が少量かかっているだけですから、食べれば食べるほど気持ちが萎えてくるというか何というか・・・。

看板 
そんななか、訪れたのが中津にある「情熱うどん 讃州」。

ざるチャーシュー 
ぶっかけうどんを避け、ざるチャーシュー(850円)を注文。

うどん 
表面に艶のあるキレイなうどんです。
この盛り付け方を「トルネード盛り」とか言うらしいですね。

つけ出汁 
つけ出汁。
たっぷりのチャーシューに、半熟玉子、青ネギなどが入っています。

まず、つけ出汁だけを飲んでみると、コッテリ、そして濃い!
一瞬は「やっちまったか」と思いました。

ところが、トルネード盛りされ、妙に麺が長い”ちょっと食べにくい”麺をこのつけ出汁に入れて食べると、まさに「うどんの新世界」。黄泉の国からドヴォルザークを連れてきて食べさせたいぐらい。はい、意味が分かりませんね。

飲むにはあまりに濃い出汁、そしてかなり熱いんですよ。
そこにある程度冷たく締められているうどんを絡めると、うどんが絶妙な温度で、絶妙なコッテリ度・濃度で口の中に入ってくる。素晴らしいバランスです。

うどんアップ 
うどんは、エッジが立った、やはり剛麺なんですかね。

弾力は強いですが、グニュッと歯を押し返すグミ系ではなく、やや「固め」でしょうか。でも、ただ固くてブツッと切れてしまう麺ではなく、その直前に一段伸びるような感覚があります。

チャーシュー 
チャーシューはもう少しトロッととろけるものを期待していただけに、少し残念ですね。 

さて、克己はラーメン屋のつけ麺全否定派です。
つけ出汁と麺が結局融合せず、つけ出汁と麺の温度差が味のバランスを崩し、麺の水っぽさでいつもゲンナリ。

ところが、このざるチャーシューは、逆につけ出汁と麺の温度差を活かし、見事に出汁と麺を融合させました。

源流は蕎麦の「鴨せいろ」にあるのかもしれないですが、うどんで、そしてチャーシューを使い、このつけ出汁を生み出したセンスには脱帽です。

まさに、うどん界の「マッハ突き」。
その凄味は、真マッハ突きのレベルにまで達しているのかもしれません。

玉子かけご飯 
突然ですが、玉子かけご飯(250円)をサイドメニューとして選びました。

行ってよかったな、と思える店です。
まだまだ進化するのではないか、とも思います。
----------------------------------------------------
【拙者の支払い】1,050円
■総合    ☆☆☆☆
■料理    ☆☆☆☆
■接客    ☆☆☆
■価格    ☆
(☆5つが最高、★5つが最低)

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓
人気ブログランキングへ

【情熱うどん 讃州】
大阪市北区豊崎3-4-12 (地図
06-6377-5555

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
709: by すくわか on 2010/12/02 at 10:02:21

不景気で安い店が流行ります。
セルフのうどん店。250円の牛丼は味噌汁付です。

道端の一階で営業する個人のうどん屋を「路麺」というそうです。
その路麺がどんどん潰れています。特に特徴のない天ぷらうどんが600~700円ではそりゃ、無理ですね。
私は剛麺否定派です。
が、この店のように特徴をはっきりと出し差別化を図って行列を生む経営努力は素晴らしいと感じますね。

710:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/12/02 at 10:26:16

>すくわかさん

コメントありがとうございます。

金持ちではないイチ消費者として「安いにこしたことはない」と思いつつも、牛丼などの以上な低価格に接すると背筋が多少寒くなります。液晶テレビなんかの価格も・・・。

ごくごく普通の店がどんどん潰れる。
仕方がないといえば仕方がないかもしれませんが、特徴のない店だって細々とは生きていける時代こそが平和で幸せなのかなあとしみじみ思います。

人間に当てはめると、突出した才能がない人間は生きる価値がない、と宣告されているるみたいで・・・。

711: by カクさんとアヒル on 2010/12/02 at 10:35:40

流行ってますよね、ここ。出来た頃に外人さんが、麺を啜れずに大変苦労されて食べていたのを思い出しました。でも何を食べたか思い出せませんwやたらと有名ブロガーの行くお店って何故か苦手で足が遠のきます。

712:Re: タイトルなし by ま~くん@管理人 on 2010/12/02 at 10:43:11

>カクさんとアヒルさん

コメントありがとうございます。

お気持ち分かります、私も少し斜に構えていましたので・・・。

とにかく、つけ麺嫌いに、まるでうどんよりつけ麺のような濃い出汁とチャーシューが登場し、それとうどんのバランスが良かったのに、ただただ驚きました。長い麺は少し食べにくいですが・・・。

▼このエントリーにコメントを残す