シンズ・キッチン @その2 (インド料理:日本橋) 

どうも、エーリヒ・ゼーリヒマン・フロムです。
くだらない会話を避けることに劣らず重要なのが、悪い仲間を避けるということである。

ip1801-IMG_2041.jpg 
不意に、バスマティライスが喰いたくなった。
パサパラ食感の長粒香り米を身体が欲している。

マッサージ帰りに立ち寄れる。
行きやすさ抜群のシンズ・キッチンへ。

11:00オープンで少し前に着いたが、
全然開いていて、先客はもう食べている。

ip1801-IMG_2043.jpg 
カレーでもいいのだが、恵美須町の「シンズ・キッチン ミニ」で食べた時、
かなりオイリーでもたれたことを思い出した。

単調で、量が多く、飽きが来てしまうのだが、
ここは土日限定のビリヤニにしておこう。

ip1801-IMG_2044.jpg 
お冷と同時に供される野菜のスープ。

しかし、セイロンカリーのスリランカ人もそうだったが、
ここのインド人スタッフもスタッフ同士で喋る喋る。

ip1801-IMG_2047.jpg 
生米から作るプラオと違って、ビリヤニはサーブが早い。

喰いたかったバスマティライスがたっぷり。

層にするスパイスの量が多いのか、
前回よりも黄色い部分が占める割合が大きい。

ip1801-IMG_2045.jpg 
マトンのミニカレーとライタ。

マトンカレーはマトンの旨味やコク味よりも、
シンプルにスパイスが前面に出て辛く、そしてオイリー。

故に、これぐらいの量がもたれないで良いかもしれない。

ライタはその甘酸っぱさが良い中和剤になる。

ip1801-IMG_2048.jpg 
艶々もっちりで、甘みを楽しむジャポニカ米とは全然違うアプローチ。
でも、このバスマティライスがたまに無性に食べたくなる。

前回は多いと感じたが、今回はたちまちの完食。
慣れて、そしてクセになってきたのかもしれない。

飽きつつもハマる。
撮ってはないが、この後も何度か通っている。

【訪問時期:2018年1月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ ようやくビリヤニを初体験





関連ランキング:インド料理 | 近鉄日本橋駅日本橋駅難波駅(南海)



スポンサーサイト

2 Comments

駆け出しデザイナー92  

ここの荒々しいスパイス使いのビリヤニを食べてしまうと他のところでは満足できなくなってしまうんですよね。。。

2018/04/12 (Thu) 10:25 | REPLY |   
ま~くん

ま~くん  

Re: タイトルなし

>駆け出しデザイナー92さん

コメントありがとうございます。

クセになりますねえ。
なんだかんだで、ちょくちょく行ってます。

2018/04/13 (Fri) 06:52 | REPLY |   

Post a comment