サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


.

リンク

戯言

当たり回、
結局ゼロやったなw

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

鮨 一二郎 @その5 (鮨:泉大津) 阿吽の呼吸

どうも、ウィリアム・シェイクスピアです。
愚か者は自分を賢者と思うが、賢者は自分が愚かであることを知っている。

ip1712-IMG_1641.jpg 
久しぶりの一二郎。

南海本線泉大津駅から結構な距離を歩く。
行きはワクワクするから近く、帰りは遠く感じる距離。

ip1712-IMG_1643.jpg 
古い住宅街を抜けると、忽然と現れる白壁。

看板は足元の小さいものだけなので、知らなければ不思議な店だろう。
まあ泉大津で、この店を知らぬ人はもう居ないのかもしれないが。

ip1712-IMG_1644.jpg 
突き出しは、海老芋と煮アサリ。

海老芋の炊き加減が実に良く、山椒の効いたアサリも美味い。

鮨を握る兄・誠一郎、料理を采配する弟・泰二郎。
笑顔を絶やさない一郎二郎の兄弟が紡ぎだす「一二郎」の世界を今宵も楽しもう。

ip1712-IMG_1645.jpg 
ふぐは南淡路でブランド化を進めている「淡路島3年とらふぐ」。

時間をかけてイカナゴなどの上質の天然餌を与え、しっかり泳がせる。
鳴門海峡の厳しい海流に揉まれるので、鯛などと同様、大きくても身が締まる。

ip1712-IMG_1646.jpg 
弾力と旨味に満ちた身で、こいつを巻く。

ふぐ皮に、浅葱、レタスをポン酢で和えてある。
このふぐ皮が抜群に美味い。

ip1712-IMG_1647.jpg 
鰹と鯵。

ip1712-IMG_1648.jpg 
この鰹が恐ろしく美味い。

皮目を炙った香ばしさに、戻りだけにもちろん脂もたっぷり乗る。
その香りと脂の甘みに負けぬ、キレイでかつ力強い旨味。

いやはや、美味い。

ip1712-IMG_1650.jpg 
アンキモに奈良漬を乗せてある。

クセなど微塵も感じさせない、キレイなコク味に満ちたアンキモも美味いが、
奈良漬とこんなに合うとは意外だった。

ip1712-IMG_1651.jpg 
一二郎流の蒸し鮑。

奥は酢飯に、肝をまぶしてある。

ip1712-IMG_1652.jpg 
鱈白子に、トリュフのスライスをたっぷり。

贅沢な皿だが、驚きだけでなく、相性が抜群で、
きっちりと美味い。

ip1712-IMG_1655.jpg 
蛤の椀。

濃い旨味に満ちた出汁も美味いが、
大きくて柔らかい蛤も抜群に美味い。

ip1712-IMG_1656.jpg 
写りが悪いが、何だっけ・・・。

ip1712-IMG_1657.jpg 
握りは、真鯛から。

しみじみ、鯛の握りは美味いと思う。
マグロ・コハダが江戸の横綱なら、関西は鯛が握りの横綱か。

ip1712-IMG_1659.jpg 
イクラの小丼。

ip1712-IMG_1660.jpg 
何だったか?

平目かな・・・。

ip1712-IMG_1661.jpg 
ヅケは湯霜にする古典技法。

きめ細かな身質に、程よい漬け込み具合。
美味い。

ip1712-IMG_1662.jpg 
中トロ。

ip1712-IMG_1663.jpg 
クエ。

大型魚らしい脂と、プリプリの身質。
美味い。

ip1712-IMG_1664.jpg 
鯖の塩梅が素晴らしい。

脂がサラリと溶け、塩酢で整えられた旨味。
絶品だ。

ip1712-IMG_1665.jpg 
餡かけ、蓮根の下は何だったかな。

ip1712-IMG_1666.jpg 
コハダ。

ip1712-IMG_1667.jpg 
ハリイカ。

ip1712-IMG_1668.jpg 
鮭の粕漬けだったか・・・。

ip1712-IMG_1669.jpg 
足赤海老。

ミシッと詰まった身に、濃厚な甘みと旨味。
香りも強く、実に美味い。

ip1712-IMG_1670.jpg 
蝦蛄。

関東のみならず、地元・泉州でも水揚げが激減。
お江戸でも多くの鮨屋が北海道産を握る。

北海道の大きな蝦蛄も美味いが、どうしても大味気味。

この蝦蛄は、岡山産。
小ぶりだが、しっとりした身質であり、
蟹に似た風味がとても濃厚。

ああ、美味い。

ip1712-IMG_1671.jpg 
泉州(岡田浦だったか)産の赤貝。

姿形が美しく、厚みも十分。
芳醇な磯の香りに、噛むごとに湧き出る旨味。

いやあ、美味い。

ip1712-IMG_1672.jpg 
海胆の手巻。

海胆たっぷり、パリパリ海苔。

ip1712-IMG_1673.jpg 
穴子。

ip1712-IMG_1674.jpg 
玉子。

ip1712-IMG_1675.jpg 
安納芋と柿のデザート。

客を見て、丁度の頃合で料理、鮨が出てくる。
一郎・二郎の阿吽の呼吸を今宵も堪能。

【訪問時期:2017年11月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 夢の揺り篭
その2 ・・・ 送別の宴
その3 ・・・ 居心地
その4 ・・・ 久しぶりの兄弟船





関連ランキング:寿司 | 泉大津駅









スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10629: by 明るい農村 on 2018/03/09 at 07:21:54

いつもぶれてないですね。また行きたいです。

10630:Re: タイトルなし by ま~くん on 2018/03/09 at 09:27:39

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

美味さ、そして居心地の良さ。
ブレないですねえ。

またいつか、ご一緒しましょう!

▼このエントリーにコメントを残す