松寿司 @その86 (鮨:阿倍野) 青ばい貝

どうも、孔子こと孔丘仲尼です。
不善人と居るは鮑魚の肆に入るが如し。

ip1711-IMG_1003.jpg
突き出しは、牡蠣の漬け込み。

ip1711-IMG_1004.jpg
明石の真鯛と平目。

寒くなってくると平目は俄然美味くなる。
されど食べ比べると、鯛は美味い魚だなあと改めて思う。

真鯛は白身の王であり、関西の誇り。

ip1711-IMG_1005.jpg
親方が「珍しいのが入ったので」と出してくれた酒。
ネットで10万以上のプレミアムを乗せて売っている店もゴロゴロある。

口当たりは柔らかく、口中で広がる香りが素晴らしい。

お会計を心配したが、いつもと変わらないので安心w

ip1711-IMG_1006.jpg
脂の乗った鰯で、ガリ、浅葱を挟み、海苔で巻く。

絶品ツマミだが、いよいよ最終回。
2017年は大羽が揚がる期間が長く、鰯を思いっきり満喫できた。

ip1711-IMG_1007.jpg
福井辺りで揚がった「青ばい貝」だという。
金沢辺りの「白ばい貝」とは見た目がたしかに少し違う。

サクサクした歯応えが心地よく、甘みがとても強い。

ip1711-IMG_1009.jpg
蒸し鮑。

ip1711-IMG_1010.jpg
鱈の白子はプチンと弾け、キレイなコク味で口がゆるゆるゆらゆら。

ip1711-IMG_1011.jpg
セコガニの時期は、この茶碗蒸しがスペシャリテ。

身肉、内子、外子がたっぷり入った餡がたまらない。

ip1711-IMG_1013.jpg
サヨリ。

ip1711-IMG_1014.jpg
香り素晴らしき桜鯛に比して、身に赤みが増す紅葉鯛は、
脂の乗りが特徴だろう。

さりとてくどさはなく、旨味も濃い。
皮目の素晴らしさ、実に美味い。

ip1711-IMG_1015.jpg
カワハギ。

ip1711-IMG_1016.jpg
鰹のヅケ。
和辛子がよく合う。

ip1711-IMG_1017.jpg
煮蛤。

ip1711-IMG_1018.jpg
この日のマグロは青森・大間。

湯霜にするクラシカルなヅケ。
ヅケは保存食に非ず、積極的な美味さ追求なり。

ip1711-IMG_1019.jpg
中トロ。

ip1711-IMG_1020.jpg
トロ。
素晴らしき脂。

マグロ原理主義者ではないが、美味きマグロは思わず笑顔になる。

ip1711-IMG_1021.jpg
身が厚く、脂の乗ったコハダ。

身の厚いコハダの握りはやはり美味い。

ip1711-IMG_1022.jpg
松葉蟹。

身肉の繊維一本一本に絡むような甘みが美味い。

ip1711-IMG_1023.jpg
つぶ貝。

ip1711-IMG_1024.jpg
青ばい貝。

ほほう、握っても美味い。

ip1711-IMG_1025.jpg
鯵。

ip1711-IMG_1026.jpg
赤貝。

ip1711-IMG_1027.jpg
車海老。

ip1711-IMG_1028.jpg
鯖。

薄切りを重ねる握り、鯖にとても合う。

それにしても、スマホの調子が悪いのか・・・。

ip1711-IMG_1029.jpg
穴子。

ip1711-IMG_1030.jpg
海胆とイクラの小丼。

通称「痛風丼」。

撮り忘れたが、ヒモキュウ巻で締め。
赤貝のヒモとキュウリの相性は神レベル。

【訪問時期:2017年11月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 


【過去の松寿司】 
その80 ・・・ 真鯛・ヨコワ
その81 ・・・ 生鳥貝
その82 ・・・ アマテガレイ
その83 ・・・ 鰯・ツバス
その84 ・・・ 悪魔の鰯
その85 ・・・ 生蝦蛄


松寿司
 



関連ランキング:寿司 | 北畠駅東天下茶屋駅姫松駅














スポンサーサイト

2 Comments

明るい農村  

本当に色々と美味しい貝があるんですね。
今年に入って未だ鮨を食べれていません。

2018/02/01 (Thu) 07:05 | REPLY |   
ま~くん

ま~くん  

Re: タイトルなし

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

そうなんですね。

でも、今までにたくさん食べてこられてますから。
一般人10人分ぐらいはw

2018/02/01 (Thu) 08:02 | REPLY |   

Post a comment