FC2ブログ

中華蕎麦 葛 (ラーメン:本町) 計算され尽くした進化系ラーメン

どうも、ミシェル・エケム・ド・モンテーニュです。
愚者の最も確かな証拠は、自説を固守して興奮することである。

本町で打ち合わせが終わったのが10:30過ぎ。
この辺りに人気ラーメン店があったことを思い出す。

ip1711-IMG_0906.jpg
開店は11:00、到着は10:40。
さすがに早すぎかなと思ったが、中から女性が出てきて、
「もう少しで開きますので」とのこと。

10:45にポールポジションで入店。
お1人様タイムは30秒ほどで終わり、次から次へと客が来る。

ip1711-IMG_0899.jpg
厨房からヴィーンとハンドブレンダー音が響いてしばらくすると、
ラーメンが着丼。

注文は、出し蕎麦(550円)とトッピングの上(150円)。
トッピングはチャーシュー2枚と味付玉子半個という内容だ。

イマドキ系の店にして、デフォルトのラーメンが550円というのは、
かなり安い部類に入るだろう。

ip1711-IMG_0900.jpg
鶏白湯ベースに、魚介出汁のWスープ。

鶏の旨味・コク味がきっちり抽出され、それでいて雑味がない。
魚介出汁も五月蝿すぎず、優れたバランス感覚を感じる。

全体をまろやかなコク味で包み上げた美味いスープだと思う。

あとは、この泡だ。
必要性を、意味・意義を積極的に感じるかどうか。

絶対不可欠とは思えない。

ただ、泡立てることによって、口当たりが軽くなり、
その後のまろやかなコク味をより鮮明に感じることができる、
と言えるかもしれない。

ip1711-IMG_0901.jpg
レアチャーシューだが、気色の悪いネチャネチャ系ではない。

意外だったのは、しっかり味付けされていること。

凡庸なレアチャーシューだと、このスープに完全に埋没するだろうが、
チャーシューの味がしっかりと主張している。

それでいて濃すぎず、スープと喧嘩しないところもバランスが良い。

ip1711-IMG_0903.jpg
麺は、プリプリッとした歯応えの強いタイプ。
JUNK STORY系列の麺に似ているだろうか。

食べ進めていくと、黒く小さな油玉が浮かび上がってくる。
マー油だろうか。

上層は泡立ちを含め、まろやかかつ軽やかなコク味を味わい、
中盤以降はマー油のような香味油で少し味濃くなる。

自動味変。

奇抜狙いではなく、計算され尽くした進化系ラーメンという印象を持った。

【訪問時期:2017年11月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

















スポンサーサイト

2 Comments

明るい農村  

今風のお店で1杯550円は確かに安いですね。

2018/01/31 (Wed) 08:33 | REPLY |   
ま~くん

ま~くん  

Re: タイトルなし

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

イマドキ人気店で、この価格は珍しいですよね。

2018/02/01 (Thu) 08:01 | REPLY |   

Post a comment