世界一暇なラーメン屋 (ラーメン:中之島) イマドキ満開な店で、まろやかな一杯

どうも、カール・ルートヴィヒ・ベルネです。
あらゆる愚鈍を汲みつくし、はじめて底にある英知に到達する。

ip1710-IMG_0859.jpg
肥後橋で打ち合わせを終えて14時前、ランチを食べていない。
そういえば、近所に気になっていたラーメン屋があったはずだ。

店は中之島ダイビルの2階にある。
とても、ラーメン屋があるとは思えないビルの門構え・・・。

ip1710-IMG_0861.jpg
看板も上がっていないので分かりにくいが「世界一暇なラーメン屋」。
「人類みな麺類」系列で、「くそオヤジ最後のひとふり」に続く3店舗目とか。

最近、変わった屋号のラーメン屋がやたら増えたが、これ面白いか・・・。

ともかく、平日の14時前で店内満席・並び先客3人。
屋号とは裏腹に大した人気ぶりで、期待が高まるというもの。

ip1710-IMG_0862.jpg
ip1710-IMG_0863.jpg
メニュー表紙も何だか変わっている。

ラーメンメニュー名はさらに変わっていて、
「WITCH'S RED」「KUROFNE」「CAPTAIN GOLD」など、
メニュー名からどんな味なのか想像することがまったくできない。

ip1710-IMG_0870.jpg
注文は基本と思われる「WITCH'S RED」(800円)。

一見して、たまにあるスープケチり系かと思ったが、
丼の底が深く、それなりのスープ量が入っている。

まろやかな醤油ラーメンを想像させる香りが鼻をくすぐる。

ip1710-IMG_0872.jpg
鶏ベースだろうスープに、貝出汁が実にバランスよく絡み合う。
油分も程よく、醤油ダレもまろやかで尖っていない。

まろやかなコク味を感じさせる要因は、全体をまとめ上げる甘み。
人類みな麺類プロデュースの「一日一麺LAB+」と方向性が似ているように感じる。

ip1710-IMG_0875.jpg
麺は、全粒粉入りのストレート。
製麺機が見えたから自家製麺だろう。

チュルリと表面滑らかで、喉越しも良い麺。

チャーシューはパストラミのように黒胡椒をまぶしてある。

2枚のうち1枚から、豚肉のネガな臭いをしっかりと感じた。
たまたまの不運かもしれないが、チャーシューはイマイチ。

ip1710-IMG_0876.jpg
スープケチり系ではない。

だが、丼の底が深すぎて、また底辺をギュッと細く絞る形状だから、
終盤食べにくくて仕方がなかった。

【訪問時期:2017年10月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

















スポンサーサイト

2 Comments

明るい農村  

お洒落ですが、量は今ひとつという風に感じました。

2018/01/29 (Mon) 15:15 | REPLY |   

ま~くん  

Re: タイトルなし

>明るい農村さん

コメントありがとうございます。

普通には入っているんですが、食べにくい丼でした。

2018/01/30 (Tue) 07:42 | REPLY |   

Post a comment