FC2ブログ

まるき (居酒屋:恵美須町) あんこう小鍋

どうも、シェイフ・サアディーです。

徳高き人は、たとえ無頼の徒に辱められるとも、悲しむことなし。
性悪き石、黄金の盃を砕くとも、石の価値は増さず、黄金の価値は滅せず。

「雨の日は弱い」
大将が自嘲気味に語るジンクスで、雨の日は比較的空いている場合がある。

そんな雨の日だから、仕入れは控え目?

ip2-IMG_0684.jpg
いや、天然トラフグを仕入れていた。
攻めますね。

身の張り、噛み締めるごとに湧き出るような旨味、その奥の甘み。
やはり養殖とは違うなあ、美味い。

ip2-IMG_0685.jpg
鱈の白子。

純白の白子は、張りがあり、プチンと噛むと、
何ともいえないコク味が口中を満たす。

美味いなあ。

ip2-IMG_0686.jpg
締めは、和牛中落ちカルビ牛丼。

鉄板で焼いて味付けは塩胡椒。
久しぶりの焼肉丼、やっぱり美味いねえ。

撮り忘れたが、吸い物を頼んだが、その中にも少し鱈白子。
吸い物の実としても美味いのが新発見。

次の回。

ip3-IMG_0788.jpg
和牛ハツ刺し。

サクシャクとした歯触り心地よく、さっぱりした甘みがたまらない。

ip3-IMG_0789.jpg
ブリの生ハム。
丁度良い熟れ頃だろうと頼んだ、大将の創意工夫が詰まった一品。

程よく脂を乗ったブリの背身。
塩を当て寝かせることで、水分が抜け、旨味が凝縮される。

どこまでも広がっていきそうな妖艶な旨味とコク味に酒が止まらない。

ip3-IMG_0790.jpg
あまりに美味かったので、ただちにお代わりを頼む。

濃い旨味と、酒が進む塩気に舌が少し疲れたと感じたならば、
添えてあるシャキシャキの水菜を挟むとリセットされる。

いつまでも、いくらでも食べていたいと思える美味だった。

次の回。

Twitterで見て、単品狙いで訪問。

ip1711-IMG_0892.jpg
あんこう小鍋。

たっぷりのアンコウの身・肝に、不足気味の野菜・キノコもしっかり摂れて、
お値段は1,200円は嬉しい。

ip1711-IMG_0894.jpg
プルプルコラーゲン。

さっぱりと淡白な旨味なので、味噌ベースの出汁で仕立てると美味い。

アンキモも美味いなあ。

ip1711-IMG_0895.jpg
締めは、モチのロンで雑炊に。

これとドリンクだけで大満足。

【訪問時期:2017年10月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その80 ・・・ 鰆・あさりパスタ
その81 ・・・ なめろう・焼きそば
その82 ・・・ 鰯握り
その83 ・・・ 特大ぼたん海老
その84 ・
その85 ・・・ 鰹の変わりカツ・イクラ
その86 ・・・ コイカ・ピザ
その87 ・・・ イクラ追求・焼きおにぎり茶漬け
その88 ・・・ なめろうセット

まるき 



関連ランキング:居酒屋 | 恵美須町駅今宮戎駅四天王寺前夕陽ケ丘駅














スポンサーサイト