FC2ブログ

トサカ商店 (焼き鳥:朝潮橋) 大阪でハイサワーを求めて

どうも、セーレン・オービエ・キェルケゴールです。
自らの挫折の中に信仰を持つ者は、自らの勝利を見出す。

ip3-IMG_0736.jpg 
トサカ商店。
雨の夜、地下鉄朝潮橋駅から徒歩で数分歩いて到着。

人気の有名店というわけではない。
朝潮橋に用事があったわけでもない。

この店にもわざわざ来たのだ。

ip3-IMG_0738.jpg 
ハイサワーを呑める店を探し求めて、この店にたどり着いた。

江戸では当たり前の甘くないチューハイ。
ところが、関西で提供する店は極めて少なく、あっても料理は残念。
そんな店に数軒当たり、絶望感を深めていた。

そこで、ハイサワーを製造する博水社に問い合わせ、
数軒紹介してもらったうちの1軒である、この店にやってきた。

やはり、このサッパリしたチューハイがたまらなく美味い。

ip3-IMG_0739.jpg 
突き出しは鶏肝煮と、ササミの明太子和えだったか。

カウンター席に加え、テーブル席もそこそこあり、
落ち着いてハイサワーを楽しめるのがありがたい。

ip3-IMG_0740.jpg 
鶏わさ。

店主も気さくで、実に気持ちがいい。

ip3-IMG_0741.jpg  
砂肝とハツ。

丁寧に焼かれており、なかなかに美味い。
ハツもクセなく、プリプリとしている。

ip3-IMG_0742.jpg 
皮とぽんじり(ぼんじり)。

レア焼きではなく、きちんと焼かれている。
これなら、皮をタレにしたら良かったなあ。

ip3-IMG_0743.jpg 
もも。

ip3-IMG_0744.jpg 
ハイサワーうめ。

店主も甘くないチューハイが好きらしく、ハイサワーを導入したとのこと。

東京下町酒場ではお馴染みの200mlガラス瓶を入れたかったが、
回収瓶のため近畿は出荷圏外、それでこの360ml瓶にしているという。

そういえば、この店も360ml瓶だった。
200ml瓶のえるびすは大量発注の特例なのだろうか。

ip3-IMG_0745.jpg 
チーズパイフライだったか。
サクサクで美味い。

ip3-IMG_0746.jpg 
博多なんちゃらの皮焼き。
皮はタレ焼きが美味いなあ。

この後もハイサワーで串をしばらく楽しんで退店。
撮ってはないが、心のこりが美味かった。

少々遠いが、チューハイを呑みたくなった時の選択肢が増えて非常に嬉しい。

【訪問時期:2017年10月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

















スポンサーサイト