サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


.

リンク

戯言

自己暗示に逃げるしか、
道は無いのだろう、哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

一日一麺LAB+ (ラーメン:長堀橋) チャーシューによるスープ変化は計算か?偶然の賜物か?

どうも、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテです。

人生は、愚者に困難に見えるとき賢者に容易に見え、
愚者に容易に見えるとき賢者に困難に見える。

ip1-IMG_9570.jpg 
一度来ようと思って宿題のままだったラーメン屋。
一日一麺LAB+。

ip1-IMG_9575.jpg 
カフェのようにも見える外観、内装は一層カフェの雰囲気。
カウンターにはルイボスティーが置かれ、カキ氷もメニューにあり、
オーガニックソーダなんかも取り扱っているようだ。

ip1-IMG_9571.jpg 
ラーメンのメニュー名も、
「いつものヤツ」「今日はコレ」「浮気」と、とにかく変わっている。

基本メニューである「いつものヤツ」をチャーシューのサイズは「レギュラー」で注文。

ip1-IMG_9581.jpg 
西中島の人気店・人類みな麺類を思い出す、巨大なチャーシューが目を引くルックス。
(後で検索してみると、そのプロデュース店のようである)

長ネギも小口切りと白髪ネギの両方が盛られている。

ip1-IMG_9590.jpg 
スープは鶏ベースに、貝柱、鯖節で取り、
まろやかな薄口醤油でまとめ、甘みももたせている。

貝柱よりも、鯖の風味がより強い印象。
となると、またおま系に走りそうだが、少し異なる。

ip1-IMG_9584.jpg 
大きく、そして柔らかく、チャーシューは肉汁と脂でとてもジューシー。
そのジュースがスープにどんどん溶け出し、風味に変化をもたらす。

鯖の尖りが丸くなり、動物系優勢で、魚介風味チラリのスープに顔を変えるのだ。
いささか脂が勝ちすぎの気がしないでもないが、魚臭いよりはずっとマシで、
この変化が完全に計算されたものであれば、凄いと単純に思える。

ただ、チャーシューを炙ってあることは完全に余計で、
香ばしさ・芳しさなんてものではなく、焦げ臭さが加わっているだけ。

ip1-IMG_9586.jpg 
麺は香川県産小麦を使った自家製麺らしい。
全粒粉ではなく、亜麻仁を練りこんでいるという麺は、
プリプリとした食感でありつつ、ムッチリ感が強い。

いささか「こだわり」が先走りすぎな気もするラーメンだが、
面白いとは思うし、他のメニューも食べてみたい。

【訪問時期:2017年8月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  





関連ランキング:ラーメン | 長堀橋駅松屋町駅心斎橋駅













スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す