サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

焦り丸出しで、もはや哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

北新地たゆたゆDX @その17 (焼きとん:北新地) 美しく、美味い串

どうも、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェです。

自分の知っていることに背いて語る者だけが、嘘つきなのではない。
自分の無知に背いて語る者こそ、嘘つきなのだ。

ip1-IMG_9710.jpg 
北新地たゆたゆDX。

環境が変わり、梅田へ行くことが極端に少なくなった。
調べてみると、前回の訪問は2年前。

スタッフはかなり入れ替わっているが、焼き手の偉いさんを含め、
知った顔もあり、懐かしさがこみ上げてくる。

ip1-IMG_9711.jpg 
突き出しの生野菜。

完全予約制の3号店が現在試験営業中(?)で、
その名も「北新地たゆたゆDXDX」。

店はすぐそばなので、大将にもご挨拶できた。
さあ、本店から異動してきた偉いさんが焼く串を堪能しよう。

ip1-IMG_9712.jpg 
豚トロ。
このサクッとした表面、この焼き加減がたまらない。
肉の旨味と脂の甘みを十二分に堪能できる素晴らしい部位。

ip1-IMG_9713.jpg 
ip1-IMG_9714.jpg 
ip1-IMG_9715.jpg 
ハツ、フク、ガツ。

やはり、新地たゆたゆの串は素晴らしい。
えるびすと比べるのは、新地たゆたゆにとって失礼に値するだろう。
それぐらい、素材、そして焼き技術の差がある。

焼き上がりも実に美しい。
ビジュアルが美味い串であることを語っている。

ip1-IMG_9716.jpg 
コブクロ。
この張り、この白さ、そしてクセのない旨味。

新鮮かつ経産豚だからこそ、そして焼き技術があるからこその美味さ。

ip1-IMG_9717.jpg 
長芋の漬けもん。

ip1-IMG_9718.jpg 
豚バラ生姜巻。
豚をパリッと、生姜はシャッキリ辛く、余計な味付けをしない。
素晴らしい。

ip1-IMG_9719.jpg 
つくねチーズ。

ご無沙汰にも程があるほど久々の訪問だったが、
やはり群を抜く美味さ、そして居心地の良さ。

東京チューハイ置いてくれたら、もう一切浮気しないのだが・・・。

【訪問時期:2017年8月後半】

------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その5 ・・・ ハツ&コブクロ
その6 ・・・ 河内鴨
その7 ・・・ コブクロ
その8 ・・・ ハツ
その9 ・・・ 看板娘
その10 ・・・ 乳かぶ
その11 ・・・ 本店も
その12 ・・・ 締めに煮込み
その13 ・・・ 乳かぶ転向
その14 ・・・ ハシゴ
その15 ・・・ 豚刺し
その16 ・・・ またハシゴ


北新地たゆたゆDX


関連ランキング:焼きとん | 北新地駅渡辺橋駅大江橋駅










スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す