FC2ブログ

麺屋 はなぶさ (ラーメン:堺筋本町) 鶏がもう少し強ければ

どうも、セバスティアン=ロシュ=ニコラ・シャンフォールです。

着想が豊かだからといって、その人間が知的だとは必ずしも言えない。
配下に多くの兵士がいるかといって、統率する将軍が立派だとは限らないのと同じだ。

ip1-IMG_9389.jpg 
堺筋本町から松屋町筋寄り、大阪産業創造館のすぐそばにある「麺屋 はなぶさ」。

店主は、福島海老江の人気店「中華そば 無限」出身で、
行きたいと思いつつ、なかなか来れなかった店にようやく訪問。

ip1-IMG_9390.jpg 
メニューはこんな感じ。
(これは店外に貼っているメニュー。念のため・・・)

無限の塩ラーメンが美味かった記憶が強く、塩そばに興味を惹かれるが、
ここは基本の中華そばをいただきましょう。

ip1-IMG_9391.jpg 
着丼と同時に、魚介系の香りが鼻をくすぐる。

ちっ、チャーシューは、レア系か・・・。
とりあえずスープの下に沈めて、出来る限り加熱しておこう。

ip1-IMG_9395.jpg 
名古屋コーチンに、複数種の魚介を合わせたスープ。
ああ、貝の存在も感じるなあ。

鶏・魚介のWスープで、旨味の多層階層が構成されているが、
あまり複雑に走りすぎず、カドがなく、スッと入ってくるとことは好感。

ip1-IMG_9396.jpg 
麺は、平打ちがかったストレート麺。
無限に似ているかな、何年も行っていないから適当な記憶だけど。

中盤から「ん?待てよ・・・」という気持ちになる。

バランスが良いと思ったスープではあったが、鶏に対して魚介が強い。
いや、中盤以降、魚介が強さを増し、鶏の存在感を徐々に侵食し始める。

「魚濃い=魚臭い」ほどの侵食には至らぬものの、いささかバランスを崩し、
食後感に微妙な印象が残ることになった。

鶏がもう少し強ければ、バッチリの塩梅だったと思う。

ip1-IMG_9392.jpg 
しばらくスープで加熱しておいたチャーシュー。

表面に香ばしさを持たせているのはいいが、中に残るグニャリとした食感が、
やはりどうしても受け付けない。しっとり、とは明らかに違う。

丁寧に調理されたローストポークは歓びの美味であるが、
レアチャーシューなるものは、そこには決して至らぬ中途半端な代物。
何が美味いのか、未だ理解できない。

ip1-IMG_9400.jpg 
ご飯は、小にするつもりが、間違えて中の食券を買ってしまった。

ご飯が艶々で美味ければそれでもいいが、残念ながらパサパサ。
どうでもいいが、ホール担当の女性の接客はサバサバ。

あと、玉子の味付けが少し甘すぎるのが難点で、
全体的に少し甘ったるくなり、食中での飽きを誘うと感じた。

【訪問時期:2017年8月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  





関連ランキング:ラーメン | 堺筋本町駅谷町四丁目駅本町駅













スポンサーサイト