サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

松寿司 @その83 (鮨:阿倍野) 鰯・ツバス

どうも、アメリカ合衆国初代大統領のジョージ・ワシントンです。
己の職分を堪え忍び、 沈黙を守っていることは、中傷に対する最上の答えである。

ip1-IMG_8977.jpg 
突き出しは、海素麺。
暑い日、つゆに潜らせた冷たい海藻が美味い。

ip1-IMG_8978.jpg 
刺身を少し切ってもらう。

真鯛、つぶ貝、鱧。

ip1-IMG_8981.jpg 
焼霜にした鱧は韓国産。

一時期、国産を凌ぐ人気を誇った韓国産。
皮目の柔らかさと脂の多さが信条と思っていたが、豊かな旨味に驚いた。

おお、これならばまだ時期が中途半端な瀬戸内や淡路産より美味いのではないか。

ip1-IMG_8982.jpg 
蒸し鮑。

ip1-IMG_8983.jpg 
鰯。
大羽を海苔の上に敷き詰め、紫蘇、ガリ、浅葱とともに巻く。

これは超絶の一品だった。
脂が乗り、少し締めたことで汗をかき、旨味を一段と濃縮した鰯に、
薬味が素晴らしいアシストを見せ、そこにパリパリの海苔。

美味くないわけがなく、しばし恍惚の時間。

ip1-IMG_8984.jpg 
気仙沼の鰹。

ip1-IMG_8985.jpg 
握りはアマテガレイ。

夏にふさわしい、サッパリとした旨味の白身。
チョコンと乗った肝がまた良いアクセント。

ip1-IMG_8986.jpg 
キスの昆布締め。

ip1-IMG_8987.jpg 
ツバス。

ブリの幼魚と簡単に考えて、口に放り込んだら、思わず目を見張った。
美味い、いや美味すぎる。

2日寝かしたというが、弾力は損なわれておらず、活力感じる身質。
そこへ成魚ブリよりも、若々しく爽やかな脂が勢いよく駆け抜け、
その熟成によって深まった旨味が口中を覆い尽くす。

寒ブリなどは脂が強すぎ、身が固すぎて握りにはどうかと感じることもあるが、
このツバスは非の打ち所がない、完璧な1カン。

思いもかけない伏兵に完敗。
素晴らしい握りだ。

ip1-IMG_8988.jpg 
中トロ。
北海道噴火湾で揚がったもので、脂の質が実に良い。

ip1-IMG_8989.jpg 
ボタン海老。

ip1-IMG_8990.jpg 
ヅケ。

ip1-IMG_8991.jpg 
つぶ貝。

ip1-IMG_8992.jpg 
トロ。
うん、脂が実に美味い。

ip1-IMG_8993.jpg 
鯵。

ip1-IMG_8994.jpg 
シンコは10枚付け。

恐ろしい手間隙がかかったであろう握りを1秒で口中へ。
この季節ならではの贅沢、そして若干の背徳感がたまらない。

ip1-IMG_8996.jpg 
淡路の赤海胆。

ip1-IMG_8997.jpg 
北海道の海胆とイクラで痛風丼。

ip1-IMG_8998.jpg 
蛤。

ip1-IMG_8999.jpg 
鰹。

ip1-IMG_9002.jpg 
穴子。

鰯を握りで喰いたいが、残念ながら他のお客様の分で余裕なし。

ip1-IMG_9003.jpg 
ほっき貝。

ip1-IMG_9004.jpg 
なので、超絶のツバスをもう1カン。

ああ、美味い。
ちょっと衝撃的だ。

ip1-IMG_9005.jpg 
トロ鉄火と玉子で締め。

鰯とツバス。
高価希少というタネではないが、かくも美味い。

研究熱心の親方の営む店に通いつめる価値、を改めて感じる。

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ 


【過去の松寿司】 
その70 ・・・ 酢飯
その71 ・・・ 第二革命への道
その72 ・・・ ここさえあれば、それでいい
その73 ・・・ 抜群の安定感
その74 ・・・ ノドグロ・鰯
その75 ・・・ 海藤花
その76 ・・・ 鰯・大溝貝
その77 ・・・ 平目昆布締め
その78 ・・・ 赤貝
その79 ・・・ 鯖
その80 ・・・ 真鯛・ヨコワ
その81 ・・・ 生鳥貝
その82 ・・・ アマテガレイ


松寿司
 



関連ランキング:寿司 | 北畠駅東天下茶屋駅姫松駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10416: by としやん on 2017/07/31 at 23:34:35

お疲れ様です。
寿司の訪問記は大好きです。
普段行けないような店に行ったような気になります。
松寿司は阿倍野だし、一回、行ってみたいなー。
魚の変態さんの店も行けてないんで、怒られますね(笑)。

10417:Re: タイトルなし by ま~くん on 2017/08/01 at 00:31:34

>としやんさん

コメントありがとうございます。

美味いですし、気さくな親方で、
居心地もいいので、大好きな店です。

▼このエントリーにコメントを残す