サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

来年は凄いことが起こる詐欺w

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

正油ラーメン専門店 友愛亭 @その40 (ラーメン:恵美須町) 新チャーシューα

どうも、エーリヒ・ゼーリヒマン・フロムです。

くだらない会話を避けることに負けず劣らず重要なのが、
悪い仲間を避けるということである。

ip1-IMG_8968.jpg 
友愛亭。

この界隈にもラーメン屋がえらく増えたが、どうにも友愛亭と清麺屋以外は、
足を向けようという気にならない。

近く家系が出来るらしい、と聞いたので、そちらは一度行ってみようか。

ip1-IMG_8969.jpg 
浪速のジョー。

店主はボクシング経験があるため、こういうメニュー名だが、
決して奇を衒ったラーメンではなく、極めてオーソドックスであり、
そこにチラリとオリジナリティが加わる。

ip1-IMG_8972.jpg 
鶏がら・昆布のスープに、複数種類の醤油と魚醤、そして特製香味油。

足腰のしっかりした味わいかつ、くどさがない。
イマドキの能書き五月蝿いスープではなく、かといって単純平板ではない。

魚出汁や貝出汁で仕立てる限定ラーメンでも強く感じたが、
インパクトよりも、バランスをはるかに重視する姿勢が私は大好きで、
かなり頻繁に食べても飽きない。

ip1-IMG_8974.jpg 
そして、「なんちゃない」面も併せ持っているから、たまらない。

だからこそ、ただ「何の変哲もない醤油ラーメン」と感じる人もいるだろう。
しかし、食べ続けていると、奥底にこだわりと巧みな工夫がしっかり隠れていることが、
どんどん分かってくる。

ip1-IMG_8969.jpg 
チャーシューも、イマドキのレアチャーシューのように見せかけ、
きっちりと火が入っている。

あのネチャついて気持ちの悪い、存在意義が不明の物体とは別物。

昆布締めの技法を用いてリニューアルしたチャーシューだが、
ここ最近、豚肉の質もさらに上げ、もう一段美味くなった。

これもバランス感覚が秀逸で、チャーシューの味を突出させず、
カミソリ正油などあっさり系メニューのスープも濁さない。

ここ、やっぱり好きだなあ。

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  


【過去記事】
その30 ・・・ カミソリ
その31 ・・・ ニラキムチ
その32 ・・・ ニラキムチ再び
その33 ・・・ ウラ塩ストック
その34 ・・・ 限定
その35 ・・・ 浪速のジョー
その36 ・・・ 新チャーシュー
その37 ・・・ 右ストレートアンチェイン
その38 ・・・ 本気サンマ
その39 ・・・ 3周年


友愛亭



関連ランキング:ラーメン | 恵美須町駅難波駅(南海)今宮戎駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す