サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

未だブロガー動員したつまらないステマをやる店が絶滅しないんだ・・・。

本町の鮨屋とか、どう見てもそうでしょうよ。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

寿し おおはた @その24 (鮨:北新地) 真鯛

ip1-IMG_8877.jpg 
寿し おおはた。

少し前の訪問で、例によってメモを取る習慣はなく、
記憶がかなり抜け落ちているレビューになる点、ご了承いただきたい。

ip1-IMG_8878.jpg  
何度も通っている店であろうが、鮨屋の引き戸を引く時は、
いささか心臓の鼓動が高まる。

心地よい緊張感と、これから食すものへの期待感。
その2つの要素が、おそらく繊細で弱い、我が心臓を叩いてくれる。

ip1-IMG_8879.jpg 
毛蟹に、海胆。
素晴らしい蝦夷地の恵み。

お愛想程度に海胆を乗せたところで、蟹に打ち消される。
たっぷり乗せるからこそ、バランスが取れ、そして美味い。

ip1-IMG_8880.jpg 
う巻きならぬ、ま巻き。

マグロ時雨煮を芯にした玉子焼。
面白い。

ip1-IMG_8881.jpg 
明石真蛸と黒鮑。

ip1-IMG_8882.jpg 
ああ、この馥郁たる海の香り。

種は違うが、蛸とイカは「どっちが好き?」という同じ土俵に乗せられ、
不毛な戦いを強いられることが多い。

私はイカも好きで、スミイカ(ハリイカ)は握りとしても大好きだが、
香りの面では蛸とイカは勝負にならないと思う。

火入れも素晴らしく、旨味の面でも文句のつけようがない。

ip1-IMG_8883.jpg 
鮑の火入れも、これまた素晴らしい。

馥郁たる磯の香りに、その感動を超えるほどの心地よいモッチリした歯応え、
濃厚な旨味。

もしや、と思って親方に聞くと、やはり調理を変えていた。

ip1-IMG_8884.jpg 
真鯛。

噛むごとに、旨味が湧き出すような感覚、そして立ち上がる香り。
そして、淡白だけれども、意外にしっかりとした脂を、
まったく嫌味のない範囲で感じさせる、というのが他の白身と違うところかと思う。

鮨はお江戸に尽きようが、鯛を頂点とする白身の美味さに関しては、
上方の誇りであろう。

ただ、明石のアマテガレイ(マコガレイ)や四国あたりの白甘鯛も築地に流れ、
府民よりも、都民ファーストになってしまっている現実も残念ながらある。

さて、ここから詳細は覚えていないので、ざっと。

ip1-IMG_8885.jpg 
ip1-IMG_8886.jpg 
ip1-IMG_8887.jpg 
この鰹の美味さに目を見張った記憶は残っている。

ip1-IMG_8888.jpg 
ip1-IMG_8889.jpg 
赤身ヅケ。

たしか、京都舞鶴とアイルランドの食べ比べだったはずだ。

アイリッシュは、赤身ながら脂を蓄え、分かりやすい”おいしさ”があった。
ただ、香りと酸味を伴った舞鶴が、やはりマグロとして一枚上手の美味さだった。

そんな記憶がある。

ip1-IMG_8890.jpg 
キス。

軽く締めると、キスにしても、カスゴにしても、皮目がたまらなく美味い。

ip1-IMG_8891.jpg 
ip1-IMG_8892.jpg 
中トロ。

脂はアイリッシュが強く、舞鶴はやはり香りなのだ。
でも、このアイリッシュもなかなか美味く、食べ比べるのが楽しくて仕方がない。

ip1-IMG_8893.jpg 
ip1-IMG_8894.jpg 
ip1-IMG_8895.jpg 
大トロ食べ比べ。

本マグロをこれだけ食べれば、嫌でも元気が出ようというもの。
実際は、疲労困憊が少々上回ってしまったがw

ip1-IMG_8896.jpg 
脂たっぷりのトロから切れ味鋭いコハダ。

王道の流れだが、改めて素晴らしい合理性を感じる。

ip1-IMG_8897.jpg 
ip1-IMG_8898.jpg 
ip1-IMG_8899.jpg 
ip1-IMG_8900.jpg 
先ほどイカより蛸が上、のように書いたが、それは香りの点であって、
握りのイカは美味いと思っている。

この間、馴染みまくっている居酒屋で対象と話したが、
イカは刺身より、握ったほうが美味いタネではないか。

蛸はツマミで、イカは握り。
そういう棲み分けが、もしかしたら成立するのかもしれない。

ip1-IMG_8901.jpg 
生鳥貝。

宮津産の鳥貝は高いが、品もあって、たしかに美味い。

ip1-IMG_8902.jpg 
ここで味噌汁。
実は秋田のジュンサイ。

ip1-IMG_8903.jpg 
久しぶりの通風丼。

ip1-IMG_8904.jpg 
車海老。

ip1-IMG_8905.jpg 
穴子。

ip1-IMG_8906.jpg 
トロ鉄火巻。
トロぎっちり。

ip1-IMG_8907.jpg 
玉子で締め。

鮨は美味い。
当たり前だが、美味い店で、気のあう親方の鮨を喰うと幸せを感じる。

それにしても、改めて真鯛の美味さに驚かされた。

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その10 ・・・ マツカワガレイ
その11 ・・・ 活けイイダコ煮
その12 ・・・ 酢飯
その13 ・・・ 白海老仕事の到達点
その14 ・・・ バースデーナイト
その15 ・・・ おおはた流
その16 ・・・ 鰺
その17 ・・・ 第三幕第四場
その18 ・・・ 安定の満足感
その19 ・・・ 流線形の美と言おうか
その20 ・・・ 完成度
その21 ・・・ 真鯛・蛤
その22 ・・・ 超絶の穴子
その23 ・・・ 第三章の幕開け


寿し おおはた
 


関連ランキング:寿司 | 北新地駅大江橋駅西梅田駅

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10404: by kura on 2017/07/19 at 00:08:46

復活!ありがたいです!

10407:Re: タイトルなし by ま~くん on 2017/07/19 at 08:32:38

>kuraさん

コメントありがとうございます。

皆さんに色々励ましいただき、
やる気が以前よりも強まったかも、です。

▼このエントリーにコメントを残す