サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

千年町 㐂鱗 @その4 (居酒屋:東心斎橋) サメ

とある疲れた深夜、癒してもらいに山本さんの店に。

しかし、最近疲れが溜まり続けている。
誰か癒してくれんもんかね。

ip1-IMG_8205.jpg 
魚の変態(本人了承済)がこの日、用意していたのはサメだった。

モウカサメの心臓。
魚体は200kgオーバーで、実に立派な心臓を持っていやがる。

ip1-IMG_8208.jpg 
アブラツノザメとモウカサメ心臓の刺身。

こんなのが当たり前のように出てくるから、楽しい。

ip1-IMG_8209.jpg 
アブラツノザメは、しっかりした身質で、クセがなく、上品な味。

そして、キレの良い甘さの脂がたっぷりと乗っている。

ip1-IMG_8210.jpg 
そして、モウカサメの心臓だ。

上質の牛ハツ、いや鹿の生レバーを最初に食べたときの感動に似るか、
いやそれ以上の驚きだ。

クセなど微塵も感じない身は、心地よい歯ごたえがあり、
爽やかな甘みがスッと口中を流れていく。

サメはアンモニア臭、と思い込む人も少なくないだろうが、
まったく無縁、実にキレイな美味さだ。

ip1-IMG_8211.jpg 
心臓の皮の湯引き。

こいつが、またサッパリと美味い。

ip1-IMG_8212.jpg 
鯨の皮。

この脂の美味さに恍惚。

ip1-IMG_8213.jpg 
ドハマりのイソシジミにんにく醤油漬。

ip1-IMG_8214.jpg 
タナカゲンゲの卵。

こうやって喰い、呑んでいる間は、疲れを忘れられる。

【訪問時期:2017年3月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 魚の変態の新しき城
その2 ・・・ ヒロメ
その3 ・・・ タナカゲンゲ卵・イソシジミ





関連ランキング:居酒屋 | 心斎橋

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10365: by チュー太&チュー太2 on 2017/05/01 at 00:42:34

こんばんは、夜分遅く失礼します
これは…すごく感動で、何か伝えねばと震えました‼︎
初めてサメの心臓見ました〜こんなの当たり前には、出てきません(笑)
研究というか、勉強というか、お料理に対しての調理・創造性豊かだなぁ〜と思いました
「イソシジミ」平べったいけど、ハマグリかなぁ〜と思ってました(笑)
私が食べた「イソシジミ」とは、比べものにはならない、比べてならぬ…と思いました
いつも、マシュランさんのブログで癒され
現実への活力になってます

10366:Re: タイトルなし by ま~くん on 2017/05/07 at 22:02:14

>チュー太&チュー太2さん

コメントありがとうございます。

このお店でのサメの出会いは、本当に嬉しかったです。
記事にしていませんが、この後に希少種「カグラザメ」も食しました。

決してゲテモノ食いではなく、上品な身で、脂もあり、美味い。
サメへの偏見(アンモニア臭など)を完全に払拭。

イソシジミも含め、美味しくて、楽しい。
仕事の疲れを癒し、明日への活力になります。

10367: by チュー太&チュー太2 on 2017/05/08 at 00:07:26

こんばんは
あの臭みが少々苦手で…ごま油とか生姜醤油で、頂く事が多いです
とにかく、ほんと感動しました
また明日から、がんばって、活力に♩
いつも、ありがとうございます

▼このエントリーにコメントを残す