千年町 㐂鱗 @その3 (居酒屋:東心斎橋) タナカゲンゲ卵・イソシジミ

在庫は極力抱えない方針だったが、意外に不良在庫を抱えていた。
在庫処分したら、本当にスッキリした。ほんと、不良だったなあ。

くたびれ果てて、㐂鱗へ。
美味い魚を求め、そして山本さんに癒されに・・・。

ip1-IMG_8165.jpg 
刺身を盛ってもらう。

うろこ屋時代と変わらず、希少種もリーズナブル価格で。
石鯛やら赤ヤガラやら、何と言わずと知れた高級魚・ホシガレイ入り。

チゴダラのなめろうがまた美味い。

ip1-IMG_8164.jpg 
カガミダイの肝が抜群に美味い。

淡白で、爽やかなコク味がたまらない。

ip1-IMG_8167.jpg 
生ハムハモンセラーノ。

この塩気に身体が喜ぶ。
うん、疲労困憊だ。

ip1-IMG_8168.jpg 
イソシジミのにんにく醤油漬。

ヤマトシジミなどとは種が違うらしい、この大ぶりのシジミ。
驚くほど旨味が濃く、このツマミが酒をとめどなく進める。

ip1-IMG_8169.jpg 
鯨の皮。

皮の脂、この甘み、強くも品あるコク味。
たまらん。

ip1-IMG_8170.jpg 
スルメを酒に浸して、軽く炙る。

いいよねえ。

ip1-IMG_8172.jpg 
別の日。
深夜でも美味い魚を楽しむ。

翌日の仕事を忘れてしまうことだけが困ったこと。
どんだけ二日酔いでも、瞬時に現実に引き戻されるのがつらい。

ip1-IMG_8173.jpg 
深海棲息のタナカゲンゲの卵を少しもらう。

鮭イクラよりも淡白で、サラッとしていて、
これがまた美味いのだ。

ip1-IMG_8174.jpg 
虜の鯨皮。

ip1-IMG_8175.jpg 
同じく虜のイソシジミ。

ip1-IMG_8177.jpg 
最後はもちろんタナカゲンゲイクラ丼。

ご飯も炊き立てで、幸せ。

ip1-IMG_8176.jpg 
吸い物が、また素晴らしい。
シンプル・イズ・ベスト。

少し味を調えたイソシジミの出汁。
そこに、ヒロメ。

これが美味い、すんごい美味い。

癒された。

【訪問時期:2017年3月下旬】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 魚の変態の新しき城
その2 ・・・ ヒロメ

スポンサーサイト

4 Comments

kura  

鮨の変態樋口さんに伺うと友達だそうです。類は友を呼びますねw

2017/04/26 (Wed) 20:03 | REPLY |   

チュー太&チュー太2  

こんばんは
「げんげ」は煮付けしか食べたことがなく

「ヒロメ」おにぎりに巻いたりして食べてます。
羨ましい。。。です
このブログで、癒される日々
読み込んで、写真に釘付けになり、癒され
閉じた瞬間に、現実に戻される

2017/04/27 (Thu) 23:25 | REPLY |   

ま~くん  

Re: タイトルなし

>kuraさん

コメントありがとうございます。

千年町に変態が2人、密度の濃い街ですねw

2017/04/30 (Sun) 09:17 | REPLY |   

ま~くん  

Re: タイトルなし

>チュー太&チュー太2さん

コメントありがとうございます。

呑んで喰って寝て起きると、
現実に戻され、嫌になる毎日ですw

2017/04/30 (Sun) 09:18 | REPLY |   

Post a comment